• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

【日刊サイゾーより】

 2011年の東日本大震災に伴う原発事故以降、中国では日本の「放射能汚染地区産」の食品や飼料に対する禁輸措置が続けられているが、そんな中、密輸された福島県産の食品が押収されたと地元メディアが報じた。

 ニュースサイト「深セン新聞網」によると、押収されたのは香港籍の入境者が密輸した「福島県産の高菜の漬物」10袋や生の生姜、葉物野菜など合わせて約7kg。香港と隣接する深セン市の税関による手荷物検査で発覚した。職員が、高菜の漬物に日本語で書かれた産地名が「福島」となっていることに気づいたのだという


税関職員が「ほら!」とばかりに指をさす漬物のパッケージには「福岡県」の文字……
 同記事には、入境者の手荷物から密輸品を発見した職員2人のドヤ顔写真とともに、漬物のパッケージに書かれた産地表記部分の写真が掲載されている。しかし、そこには「福島」ではなく「福岡県大牟田市」と書かれているではないか……。どうやら、中国側はまったく気づいていないようだ。

「『岡』という字は、大陸では簡体字で『冈』と書くので、中国人の税関職員は読めなかったが、『福』という字が見えたので、福島県産と推測したのだと思われます。一方、香港で使われる繁体字で『岡』の字は日本の漢字とまったく同じなので、香港籍である入境者は猛抗議したはずですが、認められなかったのでしょう」(中国事情に詳しいフリーライターの吉井透氏)

 税関職員の勝手な思い込みで密輸犯に仕立て上げられたのでは、たまったものではない。

 しかし、吉井氏によると、禁輸措置の対象都県の設定も、かなりずさんなのだという。

「中国側は現在、日本の10都県産の食品・飼料を禁輸措置の対象としているが、なぜか福島第一原発から遠く離れており、特段、線量が高いわけでもない長野県が含まれている。一方で、福島県の隣の山形県は含まれていないなど、根拠がよくわからない」(同)

 爆買い中国人が日本経済の救世主として期待されるようになって久しいが、禁輸措置の対象都県の農漁業関係者は、その恩恵を享受できないでいる。日本政府は中国に対し、根拠なき禁輸措置の撤回や是正を求めるべきだろう。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。