• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

インド

,

宗教

,

殺人事件

,

集団自殺

 インドの首都ニューデリーで一家11人が死亡し、そのうち10人の遺体が天井から吊り下げられて発見されるという不気味な事件が起きた。現地メディアのみならず、英「BBC」や米「CNN」など欧米の大手メディアも取り上げる大騒動になっている。

0708india-1.jpg
画像は「BBC」より引用

■一家11人が謎の死

 事件が発覚したのは今月1日朝、現場はニューデリー北部ブラリの住居兼商店の建物である。開店時間になっても1階の店が開かず、電話をしても応答しないことを不審に思った近隣住民が2階の住居を訪ね、複数の遺体を発見した。現場は10体もの遺体が目や口を布で覆われ、手を背中に回した状態で縛られて天井からぶら下がっているという異様な状態であった。床には一家の母で最年長のNarayana Devi(77)が倒れていた。

 通報により駆けつけた警察は、遺体がこの家に住む一家であると確認した。天井から吊り下げられて窒息死していたのは、Narayana Deviの息子Bhavnesh Bhatia(50)とLalit Bhatia(45)に娘のPratibha(57)の3兄弟に加え、息子の妻であるSavita Bhatia(48)とTeena Bhatia(42)、さらに孫のPriyanka(33)、Nitu(25)、Monu(23)、Dhruv(15)、Shivam(15)であった。床に倒れていたNarayana Deviも窒息死していたようだが、なぜか首の周りにロープはなかったという。

 発見者らがこの家を訪れた際、ドアの鍵は開いていたが、警報機は動作していなかった。また、家の中に荒らされた形跡はなく、金銭や家財も盗まれていなかった。ベランダの隅にはペットの犬がつながれており、この犬だけがこの家の唯一の生存者であった。

0708india-2.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

■幸せな一家はなぜ死んだのか?

 一家は20年以上前にこの場所に移住してきて、食品などを売る店を家族ぐるみで営んでいたという。一家には借金もなく、これといったトラブルも抱えていなかったと周囲の人々は話している。孫娘Priyankaは2週間前に盛大な婚約パーティーを開いたばかりで、一家はとても幸せそうに見えたそうだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。