• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

KEIKO

,

不倫

,

介護

,

小室哲哉

,

離婚

0201bunshun_komuro.jpg
※イメージ画像:小室哲哉『時代をつかみとる思考』

 看護師Aさんとの不倫疑惑を報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉が突如として会見で引退を表明したのは今年1月のこと。その席で、2011年にくも膜下出血を発症した妻・KEIKOの介護の大変さについて明かしていたが、ここにきて急展開を見せた。週刊文春誌上で、KEIKOの親族が「ほとんど嘘」と小室を糾弾したのだ。これに対し、小室は一切無言を貫いているが、ひとつ分かっていることは現在、KEIKOとの離婚に向けて一直線に突き進んでいるということだ。

 不倫釈明会見のはずだったが、急に引退を表明して世間を驚かせた。小室はそれか ら徐々にフェードアウトしていき、表舞台から姿を消したところで、会見でついた嘘について指摘されてしまった。「小室は会見で、KEIKOの介護に疲れてしまった部分があったことを認めた上で、Aさんとの不倫関係を否定。だがKEIKOの親族は文春に『小室は介護なんてしていない』と告発したのです」(ワイドショー関係者)

 小室にはそのような告発をされてもおかしくない事情がある。KEIKOとの関係がすっかり破綻しているからだ。ここで鍵となるのがAさんとの関係だ。「引退会見を開いた後も、Aさんとの関係はまったく切れていない。それどころかKEIKOがいる実家の大分にはほとんど足を向けず、都内でAさんと頻繁に会っている」(レコード会社関係者)

 引退会見の後も、Aさんと密会している場面を文春ではない週刊誌にキャッチされたこともあった。だがその時は、小室がインタビューに答える替わりに、その写真は“お蔵入り”になったという。小室はすっかりさんAに心を奪われており、「小室本人は再婚すら視野に入れている。それぐらいAさんに惚れ込み、依存している」(前同)

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年7月11日 02:36 | 返信

職場の休憩室での オバチャン達の会話
小室のイメージは 不倫報道が出た瞬間に崩壊してたぞ
あんなに一生懸命KEIKOの介護してるのか~と思ってたら・・・
《女》として見れなくなったからフリンした
ひどいねぇ~ そりゃないよ!
だってさ


コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。