• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【日本奇習紀行シリーズ】 九州北部

ThinkstockPhotos-AA050155k1.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 たとえ、普段はその心の奥底に秘めていたとしても、いつの時代も男たちの欲望というのは、実に“えげつない”もので、そうした“えげつない想い”というのは、時として、理不尽極まりない悪習を生み出すものだ。


「なにせ、このあたりじゃ、よそから嫁いできた息子の嫁を“味見”する習慣があるもんだからね。そのせいで、ひと頃は嫁の来手がなかったぐらいだよ(苦笑)。」


 その昔、九州北部のとある地域に存在していたという、“花嫁の味見”に関する奇妙な風習についてそう語るのは、当地で生まれ育ち、その後、関東地方に移住して今に至るという、大友義道さん(仮名・80)。大友さんの話によると、少なくとも今を遡ること約半世紀前の1960年代半ばまでは、当地において、新郎の父による“新婦の味見”が、当たり前のように行われていたのだという。


「昔はね、“自分のかわいい息子の相手に不具合があったら困る”だなんて嘯いてさ、このあたりじゃ、嫁いできたばかりの息子の嫁をね、夜な夜なフラリと訪ねてね、あれやこれやとやっていいことになっていてさ。まあ、自分のカミさんよりもはるかに若い歳のさ、ウブな新妻をだよ、自分の思い通りにしていいだなんていう権利がね、あったとしたならば、だ。だいたいのおっさんたちは、それを喜んでやるでしょうよ(笑)」


 大友さんによると、当地においては、結婚から1カ月の間に“限定”する形で、自身の息子たちの元に嫁いできた花嫁を、“検分”と称して、自由に犯す権利が、どの家の主人にも与えられてきたのだという。そのため、当地の男性たちの多くは、自身の結婚後、愛妻が身ごもるたびに、まだ見ぬ我が子が「自分の子供であって欲しい」と祈るような気持ちで過ごし、同時に、その行く末を案じる形で、「男の子であって欲しい」と本気で願うほどなのだそうだ。

コメント

1:匿名2018年7月21日 20:47 | 返信

九州じゃなく韓国。
しっかり調べてから記事にしなさい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。