• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【日本奇習紀行シリーズ】 東北地方

kishurumor_01.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

「人の噂も七十五日」とは言うが、いわゆる「デジタルタトゥー」問題のように、現代社会においては、そうした「噂」が、「七十五日」どころか、下手を打つと未来永劫消えることがないという状況となりつつあるのが実情だ。しかし、こうした状況が訪れるよりも遥か昔の時代から、悪評や風評被害の大半は、実際には「七十五日」で終わることなく、もっと長い期間に渡って囁かれてしまっていたのが実情であるのだという。そのため、一度こうした噂を立てられてしまった人々は、世間全体の自浄作用に委ねず、“自分なりの方法”で解決に導いていたのだという。


「昔から“人の口に戸は立てられぬ”とはよく言ったものでさ。一度、おかしな噂が立ってしまうと、もうどうしようもないの。だからね、このあたりじゃ、それぞれの人間が、“自分で解決する”っていうしきたりみたいなのが存在していたって聞くね」


 東北地方のとある山間の地域に存在していたという、“悪評の消火活動”についてそう語るのは、当地で生まれ育ち、今なお暮らしているという、元農業・村上精一さん(仮名・81)さん。村上さんの話によると、かつてこの地域では、よからぬ噂を立てられた男女の多くが、その噂を広めている村人たちを対象に、思い思いの対策を講じ、その封じ込みを行っていたのだという。


「まあ、一部の金のある人間は、現金を握らせることで隠してきたのだけれども、普通はそこまで金を持ってはいないものだから、大抵は自分の『体』で解決するわけ。男は奥さん連中を抱くし、女は旦那衆に体を許す。そういうことを一生懸命になってやることで、噂はすぐに消えるってもんだよ」

コメント

1:匿名2018年7月16日 11:25 | 返信

戸叶和男 トカナ そういう事w

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。