• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

奇習

,

戸叶和男

,

日本奇習紀行

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本

kishuu10s_01.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

「女房と畳は新しい方が良い」とは良く言ったもので、今も昔も、こと男性というものは、結婚してまともな伴侶と家庭を手に入れることができたとしても、なぜか、別の若い女性を求めてしまうことは、昨今しばしば話題となる“ゲス不倫”の例を見てもよくわかるところであるが、そうした男性たちの“飽くなき性”は、時として、奇妙奇天烈な習慣を生んでしまうようだ。

「世の中じゃどう考えられているかはよくわからないけれどもね、少なくとも、このあたりじゃ、“嫁”というものは2人いようと3人いようと良かったんだよな」

 かつて西日本のとある海沿いの地域に存在していたという、その“不可解な習慣”についてそう語りはじめたのは、現在も当地で梨農家を営んでいる池淵憲三さん(仮名・86)。池淵さんの話によると、“一夫一妻”が当たり前のこととなっているこの国において、当地では、あろうことか半世紀ほど前まで、事実上の“一夫多妻制”が黙認されていたのだという。

「私もね、もともとなんで“そうなったか”っていうことは、正直、よくわからないんだけれどもね、金や力のある男っていうのは、たとえそれが5人だろうと10人だろうと、嫁をもらっても良いことになっていてさ。だからね、昔はちょっとした金持ちの家なんかだと、同じ家に2人も3人も“嫁”がいるだなんていう話、全然珍しくもなかったんだよ」

 たしかに、かつてこの日本では、正妻のほかに“お妾さん”と呼ばれる愛人的なポジションの女性がいることを、当たり前のように捉えていた時代があったことも事実であるが、そうした認識は時代の変遷と共に変わっていき、今では愛人がいることでさえも、タブーとされる時代となっている。そうした中、当地においては、たった半世紀ほど前の1960年代後半まで、“一夫多妻”が黙認されていたというから、当世の我々からすれば驚くばかりだ。

「そうだね、当たり前のことだったよ。少なくとも、このあたりじゃね(苦笑)。まあ、だいたい最初は同じような“格”の家同士で結婚してさ、普通に家庭をつくるわけ。けれどもさ、だんだん飽きるでしょ、男は。だからその後にね、2人目、3人目……って、どんどん“嫁”が増えていくっていう。いやいや、だってそうでしょ、男っていうのは、いつだって若い女が好きな生き物なんだから(笑)」

関連キーワード

コメント

3:匿名2018年7月15日 15:01 | 返信

この出来の悪い個人妄想メモ、最近ペドショタに熱心になって最高にキモイんですが。

2:匿名2018年7月14日 21:38 | 返信

あらショック!20才年下の彼氏いるから。

1:匿名2018年7月14日 21:16 | 返信

静岡

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。