• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

日刊サイゾー

【日刊サイゾーより】

 カナダのブリティッシュ・コロンビア州ケローナで、息子を乗せた車を運転中だったスーザン・アランさんは突然、説明のつかない怪奇現象に襲われた。信号待ちで停車していたところ、空から大量の糞便が降ってきたというのだ。

 運の悪いことに、スーザンさんの車のサンルーフはこの時、開けられた状態だったため、降ってきた糞便はスーザンさんと息子を直撃することとなった。

 スーザンさんは、その時の様子をこう話す。

「突然、空から冷たいものが降ってきて、悪臭が鼻をつきました。車はまるで泥でも浴びたかのような状況でした。私たちの服は汚れ、顔は糞便まみれになり、吐き気が止まりませんでした」

 その後、スーザンさんは近くのセルフ洗車場に向かい、車と一緒に自分たちの体も洗ったという。さらに翌日には目が赤くはれ上がり、病院で診察を受けると結膜炎を引き起こしていることが判明した。

 同地で糞便が空から降る怪奇現象が報告されたのは、このケースだけではない。スーザンさんの一件から3日後、駐車していた車が糞便で覆われているのを持ち主の男性が発見。また、カナダ運輸省によると、糞便が人や車に空から降り注ぐ事例が18件報告されており、それらのすべての事例を調査したものの、原因については明らかになっていないという。

 魚やカエルなど、不可解な物体が空から降る「ファフロツキーズ現象」は、世界中で確認されている。日本でも2009年、オタマジャクシが空から降るという事例が全国各地で報告された。原因については「竜巻に巻き上げられた物体が落下した」といった説があるが、科学的には証明されていない。糞便が降った例は、中国やニュージーランドでも報告されており、「上空を飛ぶ飛行機のトイレのタンクから漏れているのでは?」といった臆測も上がった。しかし、今回のように同じ地域で連続的に糞便が降り注ぐ理由については、説明がまったくつかない。謎は深まるばかりだ……。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。