• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

■嵐から切り離されて発生するロール雲

 WMC-TVの気象学者であるロン・チルダース氏によれば、この雲はアーチ雲(arcus cloud)の中でも特にレアであるロール雲であるということだ。水平方向にチューブ状に形成されるのは、弧立波(solitary wave)の働きであるという。

rollcloud3.JPG
米・ウィスコンシン州ラシーンのロール雲 画像は「Wikipedia」より

 アーチ雲は大別すると棚雲(shelf cloud)とこのロール雲に分けられるという。棚雲は激しい雷雨の前兆として“UFO型”の形状で現れることもある。いわゆる“スーパーセル”と呼ばれる巨大積乱雲もこの棚雲に分類される。

 嵐の先端や底部で発生する棚雲に対し、ロール雲は嵐から切り離されることで、空を水平に転がるように動き、チューブ状の雲を形成する。湿った空気の周囲の気流が温度差で回転することで、すだれで海苔巻きを巻くようにしてこのロール雲が形成されていくのだ。

 今回のロール雲は陸地で発生したが、確率的には沿岸地域で発生することが多いという。局所的な海風前線と内陸側の温度差のギャップがある場合に発生確率が高まる。

rollcloud4.JPG
ウルグアイのリゾート地、プンタ・デル・エステのロール雲 画像は「Wikipedia」より

 嵐が弱まるにつれて、吹き下ろしの気流が巨大なロール雲を生み出し、ハーディン郡を貫くように伸びていく光景は驚くほど美しかったに違いないということだ。

 アメリカ国立気象局がこの写真を同局のフェイスブックに投稿したところ、多くの注目を集めてたくさんの書き込みが寄せられている。その中にはやはりUFOとの関連を疑う声も上がっている。また陰謀論の観点からは気象改変技術が使われた可能性も疑われてくるかもしれない。もしも内陸部でのロール雲の発生が今後増えてくるようであれば、話はまた違ってくるだろうか。
(文=仲田しんじ)


参考:「FOX News」、「WMC Action News 5」、ほか

関連キーワード

UFO

コメント

2:天才超能力者2018年7月11日 18:45 | 返信

しんじ、ロールケーキ好き?

1:匿名2018年7月11日 12:22 | 返信

いつもならこの後、
しかし待て、UFOが何らかの理由で擬態しているとも考えられる……
と続くのがいつものパターンなのに。
どうしたしんじ、悪いものでも食ったか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。