• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

serialkillercouple2.JPG
アラバマで見つかったメアリー・アンの遺骨 画像は「YouTube」より

■シリアルキラー夫婦の告白

 事件の4年後の1980年、住所不定のデビッドとドナ・コートニー夫婦が殺人容疑で逮捕され、いくつかの州で5人の女性を殺したことを自白した。そしてその中の一つは、メアリー・アン失踪に関係しているようであった。

 デビッドはニューオーリンズ警察のボブ・ランバート捜査官の調べに対して、ニューオーリンズのカントリー・ウェスタン・クラブの駐車場で酔って運転できない女性(メアリー・アン)を見つけたこと、そして自分とドナは彼女を自分たちの住むトレーラーに連れてきたと話した。

 その女性はデビッドのトレーラーで寝入ってしまった。しかし起きると夫婦がセックスしていることに気づき、怒り出した。そこで彼女を車まで送ることにしたが、その途中、後部座席でデビッドがメアリー・アンをハンガーで絞殺したのだという。

 デビッドと妻は逮捕時、他の被害者の遺体を放置した場所を覚えていたが、メアリー・アンの遺体に関しては供述できなかったという。彼らが覚えていたのは、ニューオーリンズの女性の遺体はミシシッピー州とアラバマ州、もしくはミシシッピー州とルイジアナの州境で捨てたということだけであった。そのため、殺人の供述はあっても、肝心の遺体が無い状態では彼を訴追することはできなかった。

 そのためメアリー・アン失踪事件は「コールド・ケース(未解決)」となり、数十年が過ぎた。その間、家族は母親がどこかで生きているかもしれないと信じていたと言う。

コメント

1:匿名2018年7月12日 02:25 | 返信

ハゲ犯人w帽子で隠して生活した方が、、、w
こういうのを生み出す親が気の毒w

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。