• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
nagasakit_07
牢屋の窄殉教記念教会

 長崎県長崎市内から高速船とフェリーを乗り継いで2時間あまりのところに浮かぶ久賀島。この島に「牢屋の窄(ルビ:ろうやのさこ)殉教記念教会」という名前の教会がある。人里近くに建つこの教会の敷地内には、『信仰之碑』という石碑が建立されており、そこには、当時の政府による迫害を受けて亡くなった人たちの遺骨が納められている。この石碑は、キリシタン弾圧を受けても信仰心を捨てなかった、信徒の信仰心の強さを現代に伝えるために建てられた。

 日本のキリスト教史が幕を開けたのは、1549年(天文18年)のことになる。カトリック教会の一派で、イエズス会の司祭・宣教師であるフランシスコ・ザビエルが、日本に初めてキリスト教を伝えたことに始まる。その後、多くのポルトガル船が寄港するようになると、宣教師たちが活動して、長崎地方では、数多くの人たちがキリシタンとなった。

nagasakit_06
牢屋の窄殉教記念教会内部
nagasakit_05
信仰之碑

 1868年(明治元年)、長崎浦上のキリシタン処分決定(※)に始まるキリシタン弾圧の歴史は、久賀島のある五島列島にも及んだ。かつて「牢屋の窄殉教記念教会」の地には、6坪の信徒因獄が建てられていて、200名あまりの人が収監されていた。政府によってキリスト教を放棄させるための拷問が行われると、8カ月あまりの間に42名の殉教者を出すことになった。この中には、多くの子どもが含まれている。

「あの牢屋に収監されていた人たちは、人としての扱いを受けておらんかったとですよ。狭かとこに閉じ込められとって座ることもでけんと、身体は隣におる人の圧力で持ち上がった状態だったとです。眠るときも、そのままの状態だったとですよ。食べるもんは、朝夕に一握りの芋が出るくらいだったとよね。みんな大小便もたれ流しになっとって、疲労と飢えが原因で亡くなったとですよ。死体は、5日間も放置されとって、腐ってうじ虫がわいてきたとです。これはもう、拷問以上の苦しみでしょう。もう可哀想で可哀想で……」(久賀島に住む男性)

nagasakit_03
牢死者の碑。ドミニカ たせ 十二才 「蛆に下腹をかまれて死亡」、トメイ 政治郎 六才 「アップ(水)アップと云いながらかわきのために死亡」

※長崎浦上のキリシタン処分決定:明治政府は、1868年5月17日に大阪で御前会議を開いて、「キリスト信徒の流罪」を決定した。信徒は、流刑先で拷問を加えられた

関連キーワード

コメント

7:匿名2018年7月20日 18:16 | 返信

歴史を見ればキリスト教が最も多く世界に揉め事を広めてきた
十字軍なんてそれこそ悪逆非道の限りを尽くしたしな
イスラム教徒のテロはそうした過去に対する報復
いわばキリスト教徒の自業自得

6:匿名2018年7月19日 20:54 | 返信

背景には「日本植民地化阻止のため」があったこと、
当時は侵略される可能性がかなり高かったことを考慮しないとね。
布教とセットで工作員が上陸するわけですし。
布教しながら日本国民を洗脳しちゃうわけですし。

5:匿名2018年7月19日 16:54 | 返信

いつの時代も宗教の争いみたいなんはあったんだろうけど、禅宗意外のある宗教で入会しない人間とは付き合いをしない、という宗教すら今あるらしいの。そこは偶像的崇拝ではなくてただの紙切れを崇拝していたと思うww

修行僧が1人もいないという変な宗教。

4:匿名2018年7月18日 20:13 | 返信

御前会議でキリスト教弾圧が決まったとなれば天皇が絡んだ事件で問題は大きい。

3:匿名2018年7月18日 17:55 | 返信

>>2

その件に関してはほぼスルーされるよね
プロテスタントの牧師は説教で極稀にその事に触れるらしいが
カソリックは絶対と言っていい程に触れない
特にルイス・デ・アルメイダの行った奴隷売買及び仲介に関してはね
拷問の内容は日本側が作ったのですら無い、この事実を知らない人も多いし
こういった件を記事にするのに、一方向のみで掲載するのは卑怯でしかないと思う

2:匿名2018年7月18日 16:28 | 返信

イエズス会が、過去に何をやったかも書いておいたほうが良いんじゃないの?

その記憶が、明治新政府を動かしたんじゃない?

1:匿名2018年7月18日 14:57 | 返信

キリスト イスラム ユダヤ教
世界から 1神教を無くしたほうが 平和になるんじゃね?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。