• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント13

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】女性マネージャーが熱い油で大火傷! マクドナルドの厨房で起こった労働災害がひどすぎる=オーストラリアの画像1
画像は、「Liveleak」より

 日本マクドナルドは47都道府県の約650店舗で、子ども向け仕事体験プログラム「マックアドベンチャー」を実施している。参加する子どもたちは、制服の着用から始まり、手洗い、ハンバーガー作り、レジ打ちなどを実際に体験する。このような取り組みは、日本マクドナルドが設備やノウハウなどに自信を持っているからこそできることだ。

 一方、世界各地のマクドナルドの中には、設備の故障やマニュアル違反などを放置したために大事故を引き起こしてしまった店舗もある。そんな事故のうち、2016年3月に英紙「The Daily Mail」などで報じられて話題となった事故を衝撃映像とともに振り返ろう。

 海外の動画共有サイト「Liveleak」に公開されている監視カメラの映像を見てほしい。オーストラリア南東部の都市メルボルンにあるマクドナルドの厨房――。作業をしている男性従業員のルーク・ヘイウッドさんの足元に、青いバケツが置いてある。そして、マネージャーのアンジェラ・ビューザさんがルークさんの後ろを通り過ぎようとした、その時だった。なんとアンジェラさんが足を滑らせ、バケツの中身が彼女の全身にかかってしまったのだ。彼女はルークさんに怒りをぶつけながら、そのままカメラの視界から姿を消した。

 ルークさんは油を沸騰させており、バケツには200度以上にもなる高温の油が入っていたという。そんな油を浴びたアンジェラさんは、もちろん大火傷を負ってしまった。後に、腕や脚の皮膚移植を伴う手術を受けることとなったそうだ。

 そもそも、どうして危険な高温の油が入ったバケツがルークさんの足元に置いてあったのか? マクドナルドの厨房では本来、特殊なポンプを使って油を排出することになっている。しかし、この店舗ではポンプが壊れていたため、代わりにバケツを使っていたのだ。アンジェラさんによると、事件の2カ月前からすでにバケツを使用していたという。

 裁判所は、マクドナルドに4万5千ドル(約500万円)の罰金刑を科した。アンジェラさんは「この事故のせいで、私は他者の介護が必要になって、自立した生活ができなくなりました。そして、引きこもらざるを得なくなって、友人も失ってしまいました」と法廷で証言した。

 世界中のマクドナルドはもう一度、安全確認を徹底するとともに、日本マクドナルドのように、子どもたちでも安心して厨房に入れる店舗経営を目指すべきだろう。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

13:匿名2018年7月26日 16:39 | 返信

怒りは悪循環を生む。
落ち着こう。

12:匿名2018年7月26日 01:43 | 返信

※8

ググることすら思いつけなかったハゲw
くやしいのうwww

11:匿名2018年7月25日 12:12 | 返信

マクドナルドでバイトするのも命懸け。

10:匿名2018年7月25日 11:45 | 返信

そのバケツの中身 煮えたぎった油では無さそうだ
ヤラセでないなら フェイクニュースだろw
実は 濡れた床で滑って尻餅ついただけとかな

9:匿名2018年7月24日 12:05 | 返信

しょうもな

8:匿名2018年7月24日 11:54 | 返信

※3
ググっただけだろw

7:匿名2018年7月24日 04:00 | 返信

油の温度に関しては分からんけど
マネージャーってことは店舗の色々な事の管理をしてたわけやろ?
2ヶ月も前からポンプ壊れててこういう作業方法をバイトなり社員なりにさせてたんやろ
ポンプが壊れた事を把握した時点で動かなかった自分の責任も大きいと思うな
今回はこの人が火傷したけど掃除するバイトが火傷する可能性も後通ったバイトが火傷する可能性もあったって事や

6:匿名2018年7月24日 02:46 | 返信

怒りたい気持ちはわかるが、マネージャーだし自業自得の案件

5:匿名2018年7月24日 01:16 | 返信

500万円って安いね

4:匿名2018年7月23日 22:27 | 返信

しかし暑いですね^^;

3:匿名2018年7月23日 22:20 | 返信

見たところPP(ポリプロピレン)バケツなので耐熱温度は「140℃」が上限値。よって十分に火傷する温度を維持できる。沸騰したお湯を浴びれば誰でも火傷する。
 
訳知り顔で非科学的な俺様知識を書き込んでる奴の言うことは信用しないように。
科学的な裏付けがない思い込みは死を招く。
 
もしバケツがPE(ポリエチレン)やPS(ポリスチレン)なら、耐熱温度は90℃なので、形状を維持できず溶けてしまい、こういう事故は起きなかったはず。
 
いずれにせよ、こんな作業のやり方を許していたマネージャー自身の過失。自業自得。

2:トランプ大統領2018年7月23日 21:53 | 返信

以前から言っていたような動画を何とか取ってきたようだが
私が思ったような油の中にドボンではなかった。いい絵がなかったのは
油で処刑する過激派とかいないからか?アラブ人なのにアブラを使って処刑しないのは
アラブ人ではない。イエスキリストは油を掛けられた人らしいが油で揚げ殺された訳ではない。
人を生きたまま油で揚げ殺したのは秀吉だけか?うーん。珍しい処刑方法なのか?
凄く残虐で面白そうな処刑方法なのにどうしてやらない?残念だ。

油が掛かって「あっちっちっ」と言ってもこれはフェイクニュースだ!

そんなことすると召喚魔法
豊田真由子様を出さざるを得ない。
「違うだろ!違うだろ!このハゲーッ!」
殴られたいのか?この詐欺野郎!
なんだ!この記事は!お前!これのどこがドボンなんだ?あぁっ

1:匿名2018年7月23日 20:53 | 返信

記事を何気に読んでいたら、
約200℃の油かと思ってしまうけど、
どう見てもプラスチックのバケツじゃ、
100℃にも満たない温度だろう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。