• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

イギリス

,

ロンドン

,

妖精

,

監視カメラ

 イギリスには古くから妖精の伝説が伝わっており、現代でも多くの人々がその実在を信じているという。有名な「コティングリー妖精事件」以降も妖精を撮影したとされる写真や動画は多数あるのだが、つい最近、ロンドンの監視カメラが捉えた画像が公開されて話題となっている。オルタナティブメディア「Disclose.tv」が報じている。


■深夜の庭に妖精が現れた

 妖精の姿を捉えたという画像を公開したのは、UFOの目撃情報を収集している「MUFON」のウェブサイトである。MUFONに妖精というのはやや場違いな感じもするが、投稿者はその正体がエイリアンである可能性を考慮して問題の画像を投稿したようだ。ケースナンバーは90907で、MUFONのウェブサイトから誰でも確認できる。

 投稿者によると、画像は2013年4月10日午前0時ごろ撮影されたという。場所はイギリス・ロンドンの民家の庭先で、設置されていた監視カメラによって撮影されたという。画像は全部で8枚あり、真っ暗な庭を飛び回る、白く光る何者かの姿がはっきりと映し出されている。

0731fairy-1.jpg
画像は「Disclose.tv」より引用

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。