• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 すっかりネット社会となった今、毎日のように世界のどこかで報告されているUFO&エイリアン情報だが、ある作家がそれらのビジュアルが時代と共に変遷していることに気づき考察を深めている。まさに時空を超えた存在であるUFOやエイリアンにまさか“トレンド”があるとは思えないのだが……。

tulpas_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

■人類の科学技術が進歩することで“UFO像”が変化している?

 作家のニック・レッドファーン氏がオルタナティブ系メディア「Mysterious Universe」に先日寄稿した記事では、これまでのUFOとエイリアンのビジュアルの変化をたどっている。

 19世紀終盤から20世紀初頭、アメリカとイギリスの空で確認された今日でいうUFOは“幽霊飛行船”と呼ばれていた。この時期、いわゆる“ツェッペリン”と呼ばれる飛行船が多く作られ、第一次世界大戦では戦闘にも使われた。そしてこの時期の未確認飛行物体もまた“ツェッペリン型”であることが多かったのだ。

 1930年代に入ると航空機開発は大きく進展し、空の主役はプロペラ機になった。そしてこの時期のUFOは“幽霊飛行機”と呼ばれていた。パイロットの姿が見当たらない飛行機のことである。さらに第二次世界大戦の頃には大型の爆撃機やヘリコプターの姿も増えて空はさらに賑やかになったのだが、この頃のUFOは“フー・ファイター”と呼ばれ、空中に浮かぶ奇妙な光の球体として多くのパイロットが目撃したといわれている。

aretheytulpas1.JPG
Mysterious Universe」の記事より

 その後、今度はロケット開発が進んでくると不思議なことにフー・ファイターの目撃は少なくなり、今度は“幽霊ロケット”が未確認飛行物体として登場してきたのだ。そして1947年7月、あの有名な「ロズウェル事件」によって、UFOが“空飛ぶ円盤”であると認識が広まり、UFO=空飛ぶ円盤となったのである。

 今日でもUFOは空飛ぶ円盤だというイメージはまだまだ色濃いが、最先端の“トレンド”としては三角形型の黒くて大型の未確認飛行物体“フライング・トライアングル”がリアリティを持ちはじめているという。人類の側の科学技術が進歩することで、まさに“トレンド”の変遷のようにUFOのイメージが変化しているのはいったいどういうわけなのか。

コメント

4:匿名2018年8月 3日 14:05 | 返信

追加
2018 1月12日(金)夜、筋肉少女帯の大槻ケンヂがパーソナリティを務める番組『大槻ケンヂのオールナイトニッポンPremium』
『UFO事件クロニクル』102ページ イーグルリバー事件
『1961年にアメリカのウィスコンシン州のイーグルリバーに暮らしていたジョー・シモントン(またはサイモントン)が、裏庭にUFOを発見した。

3:匿名2018年8月 3日 13:19 | 返信

大槻ケンジが、おもしろい話を紹介していた。
欧米でのUFO接近遭遇エピソード。
ある人がUFOから現れたエイリアンと遭遇した。パンをもらった。あとで、それを科学者が分析した。普通のパンだったが、塩分が異常に少なかった。
西洋の古い伝説では、妖精は塩を嫌う、と伝えられてきた。
つまり、昔、妖精の姿で現れていた何かが、今はUFOから現れたエイリアンに偽装しているのか?

2:匿名2018年8月 3日 13:17 | 返信

大槻ケンジが、おもしろい話を紹介していた。
欧米でのUFO接近遭遇エピソード。
ある人がUFOから現れたエイリアンと遭遇した。パンをもらった。あとで、それを科学者が分析した。普通のパンだったが、塩分が異常に少なかった。
西洋の古い伝説では、妖精は塩を嫌う、と伝えられてきた。
つまり、昔、妖精の姿で現れていた何かが、今はUFOから現れたエイリアンに偽装しているのか?

1:匿名2018年8月 3日 12:38 | 返信

確かに面白い仮説ではあるが、、、?

クロップサークル(ミステリーサークル)も初期のころは人が踏み固めて作ったと思われても仕方がないような、チャチな描画だったが、
今のクロップサークルは誰が見ても、とても人が作ったようなものでないことが分かる。

ココから単純に二つの仮説が考えられる。
一つは、実は人類の最先端技術は私達の想像を超えて遥かに進んでいて、その技術で描いているということ。
二つ目が、人類でない者が描いていて、描画の技術が向上してきているというもの。

一つ目の仮説は矛盾している。地球上でそれだけの技術を持っている者たちは、どちらかと言えば宇宙人の存在を隠したがる者たちだろうから、むしろ高知性の地球外生命体の隠ぺいを図りたい者たちだ。クロップサークルを作る意味がない。

だから二つ目の仮説の方が現実味がある。


同様にUFOや宇宙人の姿も、宇宙人側が、地球人に地球外生命体が存在すると、認識しやすいように時代の波長に合わせて目に映る形態を変えてきていると考えた方が無理がないと思うけど?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。