• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

――第一線の記者やライター、ジャーナリストなどが取材・執筆する“不都合な真実をえぐり出す”ネットメディア「Real News On-line!(リア・ニュー!:RNO)」より転載。

DBH_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

死刑囚は最後に何を思う? 教誨師が見た彼らの最期をレポート

 7月6日、オウム真理教の元代表・麻原彰晃こと松本智津夫元死刑囚(63)を含む7人の死刑が執行された。

 オウムの元死刑囚らの執行時の様子などが徐々に報じられる中、麻原彰晃は執行直前の教誨を必要とすることなく、仏壇に手を合わせることもなかったと言われているが、日本では死刑囚または受刑者に対して「宗教教誨」への参加が自由に認められており、人気が高いと言われている。

 宗教教誨とは、受刑者に対して教誨師が己の犯罪を見つめさせ、教え戒めることである。死刑の間際、教誨師は刑場で最後の説教を行い、死への引導を渡すという。

 刑場の手前の部屋には祭壇が設けられており、そこで形だけではあるものの、死刑囚は最後の宗教的儀式を行った後、目隠しをされる。そして刑執行の準備を整えた後、奥の部屋へ連行され死刑が執行されるのだ。

 とはいえ、日本では死刑に立ち会った人間の真の声を伝え聞くことは少ない。では、死刑執行直前の死刑囚・官などはどのように立ち居振る舞っているのだろうか。


「執行30分前で、神の存在に目覚めた者もいたよ」

 アメリカのケーブルテレビ番組「A&E Real Crime」のインタビューで、現地で教誨師も務めるリチャード・ロペス牧師は次のように語った。

 日本同様、アメリカの刑務所に、しばしば教誨師が訪れる。その大部分は、キリスト教の牧師であるという。

 ロペス牧師1990年から1996年まで、カトリック教の教誨師としてテキサス州ハンツビルの刑務所に出入りしていた経験を持つ。そこで、執行間近の死刑囚にも数多く接していたのだ。

DBH_2.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

「死刑囚の独房の前に立って話しかけるんだ。『こんにちは。どうですか?』と。中には、こう返してくる人がいたよ。『俺に神なんて関係ないよ』とね。でも、何回か話しかけていくうちに、『神父さんよ、話してやってもいいぜ』と言ってくれるようになる人もいた。もちろん全員がそうではなかったがね」

 さらにロペス牧師は、彼らの大半は育って来た家庭で愛を得られず、誰にも善悪を教えられず、神のことなどこれっぽっちも知らない人たちだったと続けた。

 とはいえ、「死刑囚の中には、刑の執行数時間前に、宗教に目覚める者もいた」と彼は力説する。

 執行の当日、その日の午後には執行が予定されている死刑囚との面会で、時計を見ながらロペス牧師は次のように諭したという。

「君にはあと、6時間残されているよ。何か言いたいことはないかと聞くと、神の許しについて話をしたことのある者は決まって『神のことをもっと知りたい』と言ってきた。そんな時、私は3つのことを考えてくれと話すんだ。一つ目は『自分が間違いを犯した』と認めること。2つ目は、『悔いなさい』、ということ。そして3つ目は、『神に許しを請う』こと。その3つのことと向き合うことで、彼らは自分の死に対して心の準備をするようになるんだ。執行30分前で、神の存在に目覚めた者もいたよ」


「神の愛と神の許しを知ってれば、きっと罪を犯さずに済んだはず」

 しかし、彼らにとって最大のチャレンジは、彼ら自身が「神は必ず許してくれると信じることだ」と話す。

 一方、神の許しを受け入れた死刑囚の中には、数年後に迫った執行を前に既に現世を離れる覚悟を持ち、穏やかに日々を過ごしている者もいるという。ロペス牧師は収監者の逮捕歴、犯罪歴を見たことは一切ないと言うが、神の話しをするうちに、自然と彼らの方から自身の犯した罪について告白してくるようになるのだそうだ。

「犯した罪は酷いものだ。ドラッグでハイになっていたのか、精神が正常でなかったのか、自分が罪を犯したことすら数日、数カ月後まで気付かなかったという者が何人も居たよ」

 そしてロペス牧師は、最後にこう断言した。

「彼らの誰一人、神の愛と神の許しを知っていた者はいなかった。そのことを知っていたら、彼らはきっと罪を犯さずに済んでいたはず」

 罪を認め、神に救いを求めることに気付き、心穏やかに刑に処されたロペス牧師の見た死刑囚たち。麻原彰晃をはじめとするオウムの元死刑囚たちも、自分の罪を受け入れることはできたのだろうか。
(文◎美良美紀)


“不都合な真実をえぐり出す”メディア「Real News On-line!」

(関連記事:【速報】松本智津夫死刑囚のほかオウム真理教元幹部らが死刑執行
(関連記事:【速報】オウム真理教による新たな「女性信者殺害事件」が発覚!
(関連記事:【Xデー迫る】法務省が近日、残るオウム教団幹部への死刑を執行か?
【話題の記事:<エアーコンプレッサー殺人>同僚の肛門に男はなぜ空気を注入した?
【話題の記事:【真相追及】殺人鬼に堕ちた夜回り組長…“裏の顔”を関係者が暴露

コメント

4:匿名2018年8月 4日 22:06 | 返信

神を信じたほうがいい。
もし神がいれば得るものは無限大にある
もし神がいなくても失うものは何もない。
的なこと言うたあとに撃たれた人がおる
ドラマやけどw

3:匿名2018年8月 4日 14:14 | 返信

教戒師って大変だね、色んな人のために・・・・・

2:匿名2018年8月 4日 13:22 | 返信

こういうヘッドラインにしたら読んでくれるだろう、という下心だけしか存在しない記事では。
それにあのブタは、自分が神だと思っているから何ぁ~んにも考えちゃいないよ。

1:匿名2018年8月 4日 12:12 | 返信

何この記事。
表題の麻原と無関係じゃん。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。