• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 ロシアから十代の美人三姉妹が実の父親を殺害したという衝撃的なニュースが届けられた。父親はマフィアのボスで、三姉妹は父親からの日常的な性的虐待に耐えかね、共謀して父親の息の根を止めたのだという。英紙「Mirror」など多数の欧米メディアが報じ、大きな話題となっている。

0802sisters-1.jpg
父親を殺害したとされる三姉妹。画像は「RT」より引用

■娘3人に殺された鬼畜父

 先月27日、ロシア・モスクワのマンションのエレベータ内で、ミハイル・ハチャトゥリアン(57)の血まみれの遺体が発見された。遺体には全身に36箇所もの刺し傷があり、頭部には10回もハンマーで殴った痕があり、犯人の強い殺意がうかがわれた。被害者は麻薬の密売に関わると噂されるマフィアのボスであったが、容疑者として逮捕されたのは意外な人物――そう、彼の実の娘3人であった。

0802sisters-2.jpg
殺害されたミハイル・ハチャトゥリアン。画像は「Mirror」より引用

 警察がミハイル殺害の罪で逮捕したクリスチーナ(19)、アンゲリーナ(18)、マリア(17)の三姉妹は、取り調べに対し、長年にわたる身体的・精神的・性的な虐待に耐えかね、眠っている父親を襲撃して殺害したと話し、いわば正当防衛であると主張しているという。

「私たちは父を嫌っていました。父が姿を消し、二度と目の前に現れないことを願っていました」(長女クリスチーナ)

 ミハイルは家族に暴力を振るう男で、妻は暴力に耐えかねてとうに離婚しており、姉妹のたった1人の兄も家を飛び出している。姉妹は家を出た母親や兄と連絡を取ることを禁じられ、カメラだらけの家で監視されながら暮らしていたという。ミハイルが娘たちに暴力を振るう姿は、近隣の人々にも目撃されている。ずる賢いミハイルは、顔など目立つ部分を避け、服で隠れる場所を殴りつけていたという。

コメント

1:匿名2018年8月 5日 04:47 | 返信

海外の殺人犯なら
未成年でも顔と名前 晒すのに
なぜ日本の未成年の凶悪犯には
報道しない自由を行使して 隠すんだ?
偏向報道するなよ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。