• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 全世界を見わたすことができるグーグルマップは、時に日常ではお目にかかれない場面を目撃することもできる。今回は、疑惑を呼んだ“ロバ”など、グーグルマップが捉えた決定的瞬間をご紹介しよう。


■轢き殺されたロバ

1808_googlem_01.jpg
画像は、「BUSINESS INSIDER」より

 2013年ごろ、アフリカ南部に位置するボツワナ共和国の道路を撮影したストリートビューに、横たわるロバが写り込んでいた。このスポットがネット上で拡散すると、撮影用の自動車(グーグルカー)でロバを轢き殺したとしてグーグルに批判が殺到。しかし、後に誤解だったことが判明している。

 グーグルはブログで、ロバが撮影車の前方に寝転がっていたと説明。新たに公開された写真には、転がって砂遊びをする姿や起き上がって車を避けるロバが写っていた。さらに車の後ろに取りつけられたカメラは、撮影者を見送るロバの姿まで撮影している。グーグルは最後に「元気なロバを確認できて嬉しい」と綴った。

1808_googlem_02.jpg
画像は、「TechCrunch」より

コメント

2:トランプ大統領2018年8月13日 21:23 | 返信

>>1

お前は人間じゃないだろう。
いい加減白状しろ!
ロボットでないというならば、どこの出身か自己紹介してもらおうか?
出来ないだろう?ロボットだから?
ロボットだから、グーグル車を使って監視していたというのだろう?
私はお前を2度見かけたことがあるぞ?チョン!

1:匿名2018年8月12日 23:17 | 返信

全部知ってた

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。