• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

本当に怖いネット依存症〜10代で心肺機能は50代、歩きスマホで事故死……の画像1
10代のネット依存は危険がいっぱい!(http://jp.depositphotos.com)

「歩きスマホ」で若い命が失われた。7月19日の午後4時過ぎ、14歳の男子中学生が列車とホームの間に挟まれて死亡。歩きスマホが原因と見られている。

 歩きスマホの危険性は再三警告され、過去にも女子高生が列車と接触して事故が起こったという報道があった。それでも、なぜ歩きスマホをやめられないのか?

 「ネット依存症」という言葉を、皆さんはすでに目にしたことはあるだろう。スマホなどが使えなくなり、ネットにつながれない状態になると、イライラしたり、パニックに陥ったりして、社会生活が送れなくなる症状だ。

 ネット依存症では、「ネットにつながりたい」という衝動が止まらない、食事や睡眠よりもネットを優先する、実生活の人間関係が面倒になってシャットアウトする、心身に問題が起きてもネットを使い続けるといった行動を取ってしまう――。これが歩きスマホの一因になっている可能性は高い。

 10代のネット依存症患者は、深刻のようだ。親がスマホを取り上げたために、大暴れした子どもが刃物で親を刺す事件にまで発展したケースもある。ネット依存症の疑いがある中高生は、全国で約52万人に上るといわれている。

 歩きスマホがやめられない子どもは、気づかぬうちにネット依存症に陥っている可能性がある。もちろん、それは大人にも当てはまる。

 どうしてネット依存症になるのか? どうやったら防げるのか? それを今回は考えてみたい。

ネット依存症がうつや発達障害と関連

 ネット依存症には、「スマホ依存」や「SNS依存」「ゲーム障害(ゲーム依存、ネトゲ依存)」も含まれる。スマホの普及で、手軽にどこでもネットを使えるようになったこと、子どももスマホを持つようになったことが、ネット依存症の患者を増やしているようだ。IT(情報技術)の進歩でもたらされた闇ともいえる。

 欧米や韓国などの研究で、うつ病といった気分障害や、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、自閉症スペクトラムなどはネット依存症と関連性があるという報告がある。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。