• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
SK_1.jpg
画像は「プロゴルファー片山晋呉のオフィシャルウェブサイト」より引用

 5月に行われた「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」のプロアマ戦で、同伴ゲストに不快な思いをさせたとしてツアー出場を自粛していた片山晋呉が先月29日、宮城県で開催された「杜の都仙台チャリティプロアマトーナメント」で復帰した。

 この2カ月の自粛期間中は、スーツ姿でスポンサーや関係各社に謝罪行脚。ろくに練習もできておらず、試合勘は当然鈍っていたが、片山は試合に出られたことに安堵していたという。

 片山だけが本当に一方的に責められるべきなのか――。本題に触れる前にまずは問題の行動について振り返っておこう。テレビ関係者が解説する。

「ゴルフのプロアマ戦は、大会主催者やスポンサーなど、普段お世話になっている方をプロ側がもてなすために設けられています。1日ゴルフ接待して『今後もよろしく』というわけ。プロ側はゴルフの話をしたり、技術をレクチャーしたりとアマを満足させなくてはなりません。ところが、片山はそれを怠ったのです」

 片山を含む組は13番ホールからスタート。すると招待客がまだプレー中にもかかわらず、片山はパッティング練習を開始。招待客がプレー中だろうとお構いなしだった。もちろん、承諾を求めることもしなかったようだ。最初のホールを終え、ゲストたちが14番へ向かおうと歩き始めるなか、片山だけが13番グリーンでパットの練習を続けていたという。これに招待客が不快感を示すと、片山は「まだ前の組がつまっている」と反発したため、招待客は激怒。「日本ゴルフツアー機構(JGTO)の青木功会長を呼べ!」と大騒動になってしまった。

「例えば、銀座の高級クラブのホステスが隣の客そっちのけでスマホをイジっていたら、怒るでしょう。それと同じことなんですよ」(同関係者)

 JGTOは6月、片山に制裁金30万円と厳重注意処分を下し、大会への出場も自粛することになった。しかし、実はこの一連の騒動には、別の情報がもたらされているという。スポーツ紙記者が「あくまで噂ですが」と前置きしてこう語る。

コメント

1:トランプ大統領2018年8月 7日 03:24 | 返信

自転車で追い越し様に喧嘩を売ってきたから、ここはキレといた方がいいと思って
追いついて怒鳴ったのだが、中国人と思われる太ったババアは何もしゃべらず。
肩を小突いても振り向きもしないし何も言わなかった。
信号で止まった時はスマホを見ていた。気味が悪く、とても人間とは思えない反応だった。
しかも中国人なのにだ。ブチ切れて私に食って掛かるかと想像していたが俺が危険な人物だ
という命令がインプットしてあったのか?何も反応がなかったのだ。
そうだよなチョン?俺がやばい奴だから、みんな無視するんだよな?
場違い発言する人この人やばいみたいな何も言わない反応ばかりしやがってこの野郎!
覚えてろよ!次からは蹴っ飛ばして怪我させてみたら、どんな反応するか試してやるから。
貴様みたいな奴は社会のルールを無視して殺すつもりはない
程度に怪我させるとどういう反応するのかな?
本当だったら、拉致して拷問にかけたいくらいだ。
日馬富士的に攻めてみたくなってくる。子供から老人まで頭がおかしい奴が多いし、懲らしめて
お前が人間ではないからやったと主張して絶対に謝罪しないスタイルでいく。

大体、意図的にやっておいて、謝罪する必要があるのかと?疑問に思うのだ。
元K-1の武蔵選手も言っていた。誤るくらいならやるなよと。
お前が悪いから、被害者が逆に謝ってほしいくらいだ。
例えると警察官が犯人逮捕するのと同じ行為のつもりでやっているんだから
犯人に対して暴力を謝罪することはないし、嘘をついて謝るのは、失礼でもあるわけで
それで納得する被害者や第三者は理解能力がないのか?馬鹿なのか?と思うわけだ。

片山選手も懲らしめてやると思うなら、一応先生の立場であるのだし
そのジジイを怒らせた上で「どこに行くんだ?話は終わってないぞ!」と怒鳴り声で呼び止めて
「お前みたいな奴はなぁ、ゴルフをやる資格はないんだよ!二度と来るな!出て行け!」
と恫喝して体罰を加えてやった方が分かりやすかったのではないかと思うのだ。
中々年配の方に体罰を加えることがないのでチャレンジしてもらいたかった。
笑ってはいけないシリーズで蝶野がビンタしていたようにスポンサーに体罰を加えて
もし捕まっても
「ゴルフをなめていて、余りに無礼であったので教育のつもりでやってしまった。指導のつもりだったが、興奮してやり過ぎてしまった。」と謝罪する。
体罰を加えたのは教育的指導であり原因は被害者にあって、すべて被害者が悪いと
まるで日馬富士のような状況になるのだったら理解出来た。片山選手はやり方が甘すぎる。
「こっちはプロだ。やりたくもない接待ゴルフを我慢してやっているんだ!なんだこの野郎!
教えてやっているのに、その生意気な態度は!」と恫喝して
無礼な態度で先輩に向かってなんだという日馬富士的な憤りを感じて
デンモクで頭を殴りつけるではなく、ゴルフクラブで何やってんだこの野郎程度に頭を小突く
膝を叩いて立てなくする等をしてからの往復ビンタで目を覚まさせてから
「文句があるんだろ?警察でもなんでも相談に行って来いよ!この野郎!」
と怒鳴って行くように促す。この流れでないと懲らしめたことにならないな。
見ている方も面白くない。もっとリアルに辛辣な感じの修羅場をメディアには伝えてほしい。
マジ切れして、怒鳴る様子を伝えてほしいのだ。
私はそういうのを見るのが好きなんだよ。
教師に恫喝されて体罰されるところをみるのは楽しい。TBSのガチンコみたいで。
出来るなら、そういうの得意な先生に体罰のやり方とか教えてもらいたい。
その技術を使って、もし調子こいた生意気な外人がいたら、
「これが日本の教育だ」と言わんばかりに折檻してやったら、どんな反応するか見てみたいのだ。


コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。