• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

サヴァン症候群

,

天才

,

才能

,

絵画

,

芸術

,

音楽

0809genius-2.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 また、43歳の女性は、ある日突然、多数の三角形を組み合わせたような抽象的なデザインを描かなければならないという衝動に襲われたという。彼女はそれまで芸術に興味もなく、レッスンも受けたことはなかった。衝動は続き、2週間かけて1つの芸術作品を完成させたという。以降、彼女は仕事のかたわら、創作活動に打ち込むようになったそうだ。


■誰にでも起こりうる?

 サヴァン症候群にも詳しく、映画『レインマン』の監修にも関わった米国の精神科医ダロルド・トレファート氏は、このような「突然の天才」14人を調査している。14人のうち10人が女性で4人が男性、新たなスキルに目覚めた平均年齢は47.2歳で、スキルの内容は絵画にまつわるものが9人、カレンダー計算のような数学的な才能が4人、音楽的なものが1人だった。

 彼らは過去、それぞれの分野に関する教育を受けていないにも関わらず、突如としてその分野に関する基本的な知識や規則を理解し、演奏や計算などをし続けなけらばならないという強迫観念に取り憑かれるのだという。突然として才能に目覚める原因は不明で、事故や病気の経歴はなく、脳の障害なども見られないそうだ。

0809genius-3.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 トレファート氏は「Scientific American」の記事の中で、「このような才能は私たちの中にも眠っているのかもしれない」と指摘し、その特殊な能力を目覚めさせ、活用する方法を模索中だと述べている。自分でも知らなかった才能に目覚める…… 私たちの身にもそんな出来事は起こるかもしれない。

(編集部)


参考:「Science News」「Scientific American」、ほか

関連キーワード

コメント

5:匿名2018年8月11日 18:08 | 返信

これ男性の話じゃね?
男性の脳の完成は五十代だと聞いたことがある

4:トランプ大統領2018年8月11日 08:26 | 返信

普通にあり得ないこと。
でっち上げか、そいつはもはや人間ですらない存在だということだ。
科学的検証をしてもらいたい。
そいつがロボットでないことの証明と記憶力がなぜ常人を超えたのかを

何度も言うが私は天才になりたいのではなく、徐々に脳を活性化して頭がよくなりたいだけだ。
そんないきなり何でもできるようになったら人間ではない。ロボットだ。
宇宙人に改造されて奴隷にでもなったとしか思えない。
逆に頭を悪くされていて能力が抑えられていたのなら、今すぐ解除してもらいたいし
普通になったとしても、いきなりそんな能力は芽生えないと思うが
いつもより少し調子が良くなる程度だと思う。


3:匿名2018年8月10日 13:50 | 返信

>>1

>>1
そうだよね。
トレファート氏は「その特殊な能力を目覚めさせ、活用する方法を模索中だ」と述べているそうだが
羨ましがっている場合じゃないよな。
絵を描かなくてはいけない衝動が、人によっては他人を殺さなくてはならない衝動になるんだろうし。

2:匿名2018年8月10日 13:35 | 返信

指導霊が代わっただけ。

1:匿名2018年8月10日 13:09 | 返信

これただの憑依現象でしょ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。