• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 バングラデシュのカンディパラは、政府公認の売春村だ。およそ20軒の売春宿に、約400人の売春婦がひしめき合って暮らしている。

 朝9時半。汗ジミだらけの服を着た労働者風から民族衣装をまとった富裕層まで、あらゆる年齢の男たちで狭い路地は混雑する。好みの少女を物色するために――。

Hashi_1.jpg
Daily Mail」の記事より


■少女に売春させるため牛用ステロイド剤で豊満ボディに

 現在19歳のルパは、ここに来て5年になる。彼女は11歳の時、自分より3倍近く年上の男の妻にされたという。

「自分の結婚式の日、いとこたちと、かくれんぼして遊びました。泥んこになって。可愛がってたお人形にもウエディングドレスを着せたくて、自分のサリーを裂いてこしらえたんです」(ルパ)

 人形遊びが好きだった少女は、その晩、夫と名乗る見知らぬ男にレイプされた。

「自分に何が起こったか理解できませんでした。ただただ、激痛だけでした」(ルパ)

 それから2年後、一人息子を授かったが、夫は勤務中の事故で死亡。若干13歳で未亡人となってしまい、実家に戻るも追い返されたという。

「2人も養う余裕などないと。私はもう処女ではなかったので、結婚したがる男もいませんでした」(ルパ)

bangladeshbrothel1.JPG
Daily Mail」の記事より

 息子を養うため、縫製工場のあるダッカ行きの列車に乗りこんだルパ。だが、駅に着くと1人の女が近づいてきて「友人がメイドを探している」と、言葉巧みに誘われたという。売春ブローカーだった。こうして彼女は売り飛ばされてしまったのだ。

 カンディパラの売春宿に着くと監禁され、逃げようとすれば血が吹き出すまで殴られたと話す。意外なことに、売春が合法化されているバングラデシュでも18歳以下は一応禁じられている。売春をしたい場合は、警察からライセンスをもらう必要があるのだ。自発的に売春で生計を立てたいという意思表明が認められれば売春宿での勤務がOKとなる。

 売春宿では少女たちを牛用ステロイド剤の「オラデクソン」で太らせ、人工的に豊満な肉体を作り上げることが日常化している。ハイティーンなら錠剤で十分だが、12~14歳くらいだと注射のほうが手っ取り早いという。

bangladeshbrothel3.JPG
ステロイド錠剤 「Daily Mail」の記事より

 イスラム教国なので、「犠牲祭」で捧げる牛を肥えさせるステロイド剤は安く簡単に手に入る。ステロイドは適切に使用しないと副作用があるため処方箋がないと購入できないが、バングラデシュではおかまいなしらしい。

「身体を大きくした後、警察に売春許可証の申請に行かされました。痛めつけられるのが怖かったから、店のマダムが言った通りに『自分は18歳で、売春宿で働くのは自分の意思によるもの』と宣誓しました。そうする以外、他に生きる道はなかったから」(ルパ)

コメント

7:匿名2018年8月14日 18:34 | 返信

>>1

変えてこい、お前ならやれる

6:匿名2018年8月14日 16:07 | 返信

逆だろ
成長抑制剤を注入しろ

5:匿名2018年8月13日 22:25 | 返信

こんなの間違ってる。

4:匿名2018年8月13日 20:24 | 返信

>>2

本当にそう思います、、

3:匿名2018年8月13日 19:00 | 返信

売れる華があって良かったね

2:匿名2018年8月13日 03:16 | 返信

アフリカの支援よりも売春から救ってあげて欲しい。日本を含め世界中で女子は貧しい家の犠牲であった。特に男尊女子の父親が権力を持つアジアは酷い。誰が好き好んで性のはけ口になるものか。こんな時代錯誤なダークな世界があるんだね。軍事ロボット作るよりSEX産業ロボの開発が先だよ。

1:匿名2018年8月13日 00:58 | 返信

狂ってるな
クソみたいな世界だ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。