写真

男根、バオバブ、男と女……富山で性と生を描き続ける若き画家・牧田恵実インタビュー

 北陸新幹線の現終着駅である金沢より2駅東京側。富山駅を擁する富山市で、己のリビドーをカンバスにぶちまけ続けている若き美術家がいる。牧田恵実(1991年富山県生...

NEW  2016.08.08
男根、バオバブ、男と女……富山で性と生を描き続ける若き画家・牧田恵実インタビュー

ビルのダクトに10年潜り続けた男 ― 写真家・木原悠介が見た、ダクトの中の“不可...

『DUST FOCUS』  人工衛星搭載カメラの監視網が地...

NEW  2016.07.20
ビルのダクトに10年潜り続けた男 ― 写真家・木原悠介が見た、ダクトの中の“不可思議”な図形

愛ゆえに男性器を切断した「阿部定が最期に見た風景」 ― 生きていれば112歳。生...

【ニコニコチャンネルでの掲載が開始された日本初のダーク...

NEW  2016.07.06
愛ゆえに男性器を切断した「阿部定が最期に見た風景」 ― 生きていれば112歳。生誕から事件、余生までの足跡を訪ねて

全裸になり、自分を燃やし、糞を塗る ― 美しくも不穏な写真家・菱沼勇夫がヤバす...

『Let Me Out』  昨年5月に1冊めの写真集『L...

NEW  2016.06.08
全裸になり、自分を燃やし、糞を塗る  ― 美しくも不穏な写真家・菱沼勇夫がヤバすぎる!

明治時代を鮮やかに色づけた伝説の写真師「KIMBEI」を知っているかい?

 我が国で写真師たちが活躍しはじめた黎明期において、その名を...

NEW  2016.05.23
明治時代を鮮やかに色づけた伝説の写真師「KIMBEI」を知っているかい?

死の直前の瞳、偏見の瞳…深く心に刺さる「印象的な19の瞳」

 私たちは日々、多くの写真を目にする。しかし、人生を変えるような強いインパクトを持った写真に出会うことがどのくらいあるだろうか。これは忘れられない眼を持った人物...

NEW  2016.02.24
死の直前の瞳、偏見の瞳…深く心に刺さる「印象的な19の瞳」