『『モンナ・ヴァンナ』でモンナ・ヴァンナ役を演じた時の松井須磨子』

1919年1月5日は、新劇派の女優であり、日本初の美容整形女優と言われている松井須磨子が、不倫相手の島村抱月の後を追って2カ月後に首吊り自殺を遂げた日である。
坪内逍遥と島村による新劇団体・文芸協会の女優であった松井であったが、既に妻子のあった島村との不倫が問題となり同協会を脱退。1913年に島村抱月と芸術座を旗揚げし、トルストイ原作の『復活』でのカチューシャ役で一躍人気女優となった。松井が歌った主題歌『カチューシャの唄(復活唱歌)』(抱月作詞・中山晋平作曲)も2万枚以上を売り上げる大ヒットナンバーとなり、日本初の“歌える女優”として活躍した。
しかし1918年11月5日に島村が病死(死因はスペイン風邪)。するとその2カ月後の1919年1月5日に東京・牛込区横寺町(現・東京都新宿区横寺町)にあった芸術倶楽部の道具部屋で首吊り自殺を遂げた。
松井須磨子の人生は、どこまでも情熱的な、女優という職業のイメージを確立した人物、そしてその最期であったといえるであろう。

(Wikipedia 松井須磨子より使用。Public Domain)

1月5日の不幸

1年
準備中
1919年
【自殺】松井須磨子【女優】(つづきから)しかし1918年11月5日に島村が病死(死因はスペイン風邪)。するとその2カ月後の1919年1月5日に東京・牛込区横寺町(現・東京都新宿区横寺町)にあった芸術倶楽部の道具部屋で、島村の後を追って首吊り自殺を遂げた。没年32歳。
1919年
【自殺】松井須磨子【女優】新劇派の女優であり、日本初の美容整形女優と言われている人物。坪内逍遥と島村による新劇団体・文芸協会の女優であった松井であったが、既に妻子のあった島村との不倫が問題となり同協会を脱退。1913年に島村抱月と芸術座を旗揚げし、トルストイ原作の『復活』でのカチューシャ役で一躍人気女優となった。松井が歌った主題歌『カチューシャの唄(復活唱歌)』(抱月作詞・中山晋平作曲)も2万枚以上を売り上げる大ヒットナンバーとなり、日本初の"歌える女優"として活躍した。(つづく)
1988年
【事故】「六本木ディスコ照明落下事故」東京・六本木にあったディスコ「トゥーリア」で同点の名物であった大型の昇降式シャンデリアが落下し、3人が死亡、14人が負傷するという大惨事となった。映画「ブレードランナー」の美術コンセプトで知られるシド・ミードが「宇宙船が不時着した近未来」をコンセプトに作ったというバブル経済時代を象徴するような建築であり、事故時の店内には元読売巨人軍の桑田真澄投手や女優の相楽晴子がいたと報道された。現在も同地には事件を追悼する小さな慰霊碑が存在する。
1988年
【急死】ピート・マラビッチ(Pete Maravich)【バスケットボール選手/アメリカ】"ピストル・ピート"のニックネームで知られ、1970年代のNBAで活躍した名プレーヤー。1744年に新設されたニューオリンズ・ジャズ(現ユタ・ジャズ)に移籍し、その中心選手として、華麗なアシストと得点力で同チームの永久欠番になるほどの活躍を見せた。引退後は宗教、特にキリスト教に傾倒するなど精神的に不安定な日々を送ったが、1988年1月5日にカリフォルニア州パサデナでバスケットボールのプレイ中に心臓発作を起こし死去。
2000年
【死去】小島剛夕【漫画家】ドラマ化され大ヒットした代表作『子連れ狼』の漫画家(小池一夫原作)として知られる人物。没年71歳。
2007年
【死去】安藤百福【実業家・発明家】日清食品創業者であり、カップヌードル、チキンラーメンというインスタント・ラーメンの発明者。96歳で死亡するまで、日清製粉の会長として現役で務め続け、毎日昼食にはチキンラーメンをとっていたという。急性心筋梗塞で96歳没。同年に長男であり後継者であった宏寿も死亡した。
2014年
【死去】エウゼビオ(Eusébio da Silva Ferreira)【サッカー選手/ポルトガル】ポルトガル領東アフリカ(現モザンビーク)出身のサッカー選手。1960年〜1970年代のヨーロッパサッカーシーンを席巻したベンフィカの中心選手として知られるポルトガルの伝説的ゴールハンター。"黒い真珠""黒豹"のニックネームで愛された国民的英雄で、ポルトガル代表選手としても1966年イングランドワールドカップの得点王を記録するなど長らく中心選手として活躍した。1965年に欧州最優秀選手=バロン・ドールを受賞し