『自殺の10日後に見つかった趙成珉の遺書』

2013年1月6日は、元読売巨人軍の韓国人投手、趙成珉(チョ・ソンミン)がソウルの元交際相手女性のマンションで首吊り自殺をした日である。
“コリアン・エクスプレス”の異名で将来を嘱望されていた若手選手として巨人に入団した趙は、その恵まれた才能に反して成功を収めたとは言い難い現役生活を終えた選手としても知られているが、奇跡的ともいえる自殺の連鎖で亡くなった人物としても知られている。
2000年に当時韓国で人気絶頂にあった女優、チェ・ジンシル(崔真実)と結婚したが、チョによる衝撃的なDVが発覚するなどして結婚生活はたった2年で破綻。するとチェは主にネットでの悪評を苦に2008年に自宅で首吊り自殺をした。2年後の2010年にはチェの弟であり俳優のチェ・ジンシルが姉の後を追い自殺。元妻とその実弟の自殺にショックを受けていたと言われていたチョ・ソンミンもまた、彼らと同じ自殺の道を選択したのだった(その後チェ・ジンシルの元マネージャーも自殺)。元夫婦と妻の実弟の3人が自殺というだけでも“負の連鎖”と呼ぶに相応しいが、気味の悪いことに、3人全員が39歳で自殺をしているのだ。
自殺が連鎖するものだということを、ここまで体現している例も少ないだろう。
その遺書には、堂々とした体躯を誇ったアスリートの面影は消え失せ、両親に先立つ息子の謝罪と、妻が遺していった二人の子供を守りきれない衰弱しきった男の言葉が並んでいた。
現役引退を最初の死として、“アスリートは2度死ぬ”という言葉が使われているが、チョにとっては現役の最中からヒジの故障で数度の死を経験していたようなキャリアであり、諦めきれず現役復帰をしてもう一度引退を経験していた。さらに私生活では離婚という結婚生活の死を経験し、その妻や弟が実際に相次いで死んでいった。
“死”は、孤独に苛まれたチョ・ソンミンの人生にとって、唯一の伴侶だったのかもしれない。

(画像は趙成珉が遺族に宛てた遺書)

1月6日の不幸

1年
準備中