『自殺の10日後に見つかった趙成珉の遺書』

2013年1月6日は、元読売巨人軍の韓国人投手、趙成珉(チョ・ソンミン)がソウルの元交際相手女性のマンションで首吊り自殺をした日である。
“コリアン・エクスプレス”の異名で将来を嘱望されていた若手選手として巨人に入団した趙は、その恵まれた才能に反して成功を収めたとは言い難い現役生活を終えた選手としても知られているが、奇跡的ともいえる自殺の連鎖で亡くなった人物としても知られている。2000年に当時韓国で人気絶頂にあった女優、チェ・ジンシル(崔真実)と結婚したが、チョによる衝撃的なDVが発覚するなどして結婚生活はたった2年で破綻。するとチェは主にネットでの悪評を苦に2008年に自宅で首吊り自殺をした。2年後の2010年にはチェの弟であり俳優のチェ・ジンシルが姉の後を追い自殺。元妻とその実弟の自殺にショックを受けていたと言われていたチョ・ソンミンもまた、彼らと同じ自殺の道を選択したのだった(その後チェ・ジンシルの元マネージャーも自殺)。元夫婦と妻の実弟の3人が自殺というだけでも“負の連鎖”と呼ぶに相応しいが、気味の悪いことに、3人全員が39歳で自殺をしているのだ。自殺が連鎖するものだということを、ここまで体現している例も少ないだろう。その遺書には、堂々とした体躯を誇ったアスリートの面影は消え失せ、両親に先立つ息子の謝罪と、妻が遺していった二人の子供を守りきれない衰弱しきった男の言葉が並んでいた。現役引退を最初の死として、“アスリートは2度死ぬ”という言葉が使われているが、チョにとっては現役の最中からヒジの故障で数度の死を経験していたようなキャリアであり、諦めきれず現役復帰をしてもう一度引退を経験していた。さらに私生活では離婚という“結婚生活の死”を経験し、その妻や弟が実際に相次いで死んでいった。“死”は、孤独に苛まれたチョ・ソンミンの人生にとって、唯一の伴侶だったのかもしれない。

(画像は趙成珉が遺族に宛てた遺書)

1月6日の不幸

1919年
【死去】セオドア・ルーズベルト(Theodore "Teddy" Roosevelt)【政治家・軍人・警察官/アメリカ合衆国】

ニューヨーク市警察本部長、アメリカ合衆国海軍次官、第33代ニューヨーク州知事、第25代アメリカ合衆国副大統領等の要職を経て、1901年のウィリアム・マッキンリー大統領暗殺を受け、42歳という当時の米国史上最年少で第26代アメリカ合衆国大統領に就任した人物。日露戦争の調停や、パナマ運河への着工など、力強い国策の数々で"米国歴代最高"の呼び声も高い大統領であった。1909年の退任後も国政に関わったが、1914年に出かけたアマゾン探検でマラリアに羅患。第一次大戦中の1918年に炎症性リウマチの治療に努め、1919年1月6日に冠状動脈血栓で死亡。没年60歳。

1990年
【エイズ】イアン・チャールソン(Ian Charleson)【俳優/イギリス】

1981年の映画『Chariots of Fire(炎のランナー)』等で知られる俳優。私生活では同性愛者と知られ、1986年にHIVウィルスへの感染との診断を受けていたが、1990年1月6日に、8週間にわたる舞台で『ハムレット』を演じている期間中に死亡。没年40歳。

2006年
【死去】加藤芳郎【漫画家・タレント】

東京府立第六中学校夜間部に通学中からマンガの投稿で入選を重ね、終戦後の1945年に都庁職員から独立してプロの漫画家に。1954年から『毎日新聞』夕刊紙上で連載開始した『まっぴら君』は2001年6月23日掲載まで、47年間、13615回を数える代表作となった(病気が原因で連載中止)。テレビタレントとしても、『テレビ三面記事 ウィークエンダー』の司会、『連想ゲーム』の白組キャプテンとして長らくお茶の間の顔となった。2005年1月から胃ガンと診断され療養に努めたが、翌年1月6日に80歳没。

2013年
【自殺】趙成珉(チョ・ソンミン)【プロ野球選手・野球指導者/韓国】

高麗大学在学中から韓国球界期待の星として活躍し、卒業後、日本プロ野球の読売巨人軍に8年契約で入団した韓国人投手。速球を武器にした"コリアン・エクスプレス"の異名で将来を嘱望されていたものの、相次ぐ右肘の怪我で期待されたような成績は残せなかった。通算成績11勝10敗11セーブ。引退後は韓国ハンファに入団したが、こちらも3勝4敗4セーブという成績に終わっている。巨人在籍中の2000年に人気女優、チェ・ジンシル(崔真実)と結婚したが、チョによる衝撃的なDVが発覚し、たった2年で離婚。2008年にチェが、2年後の2010年にはチェの弟であり俳優のチェ・ジンシルが自殺し、ショックを受けていた矢先の2013年1月6日に、ソウルの元交際相手女性のマンションで首吊り自殺。没年39歳。遺書には、両親に先立つ息子の謝罪と、妻が遺していった二人の子供を守りきれないことへの懺悔が書かれていた。

2015年
【死亡】石井光三【経営者・タレント】

1939年からJO京都撮影所に所属し子役・脇役で活動後の1963年に引退し、芸能プロモーターとして活動開始。松竹芸能所属時にはミヤコ蝶々等のタレントのマネージャーを務め、1977年に独立し石井光三オフィスを設立後はコント赤信号などのマネージメントを手がけた。ラサール石井のモノマネで脚光を浴びた際、一時はバラエティ出演もこなした。2012年に肝内胆管ガンと診断され療養に努めたもの2015年1月6日に83歳没。