『「ブラック・ダリア事件」の現場写真(写真中央)と、19歳の頃のエリザベス・ショート』

1947年1月15日は、世界でも最も有名な未解決事件のひとつ、『ブラック・ダリア事件』が発生した日である。
アメリカ・ロサンゼルスで女優志願の22歳、"ブラック・ダリア"ことエリザベス・ショートのバラバラ死体が発見されたのが1月15日。
その猟奇的な犯行や、犯人と思われる男からの数度の連絡があったことなどから話題を呼び、発生直後から犯人捜査に多大な時間と労力がかけられたが、500人以上もの容疑者が浮上しながらも決定打を欠き(2人の自首もあったが)、やがて未解決のまま放置された。後の1987年にジェイムズ・エルロイの小説『ブラック・ダリア』で再び脚光を浴びたが、いまだに真犯人は判明していない。
ちなみに、腹部でまっぷたつに切断された遺体は、鋭いメスで解剖されたかのような不思議な造形であり、その現場写真が世界的現代美術作家のマルセル・デュシャンの『遺作』に酷似しているため、彼らシュルレアリストたちの関与が疑われたほどであった。
最終的には、自らの父の犯行であることを2003年の著書『The Black Dahlia Avenger: The True Story(ブラック・ダリアの真実)』で発表したスティーヴ・ホデルの実父ジョージが犯人であったという説が有力であるが、スティーブも死亡した現在、その真相が明らかになる可能性は低い。そしてブラック・ダリアは、今もなお“永遠の謎”として輝き続け、人々を惹きつけている。

(画像はWikipedia Black Dahliaより使用。Public Domain)

1月15日の不幸

1947年
【未解決事件】【殺人事件】『ブラック・ダリア事件』

アメリカ・ロサンゼルスで女優志願の22歳、"ブラック・ダリア"ことエリザベス・ショートのバラバラ死体が発見された。腹部でまっぷたつに切断された遺体は鋭いメスで解剖されたかのような不思議な造形であり、犯人捜査に多大な時間と労力がかけられたが、未解決のまま放置された。後にジェイムズ・エルロイの小説『ブラック・ダリア』(1987年)で有名に。

1994年
【急死】ハリー・ニルソン(Harry Edward Nilsson III)【ミュージシャン・歌手/アメリカ合衆国】

"ニルソン"名義で活躍したアメリカのシンガーソングライター。1968年にフレッド・ニールの『Everybody's Talkin'』を、1972年にバッド・フィンガーの『Without You』をカバーし、ともに原曲を遥かにしのぐ衝撃的なヒットを記録した天才シンガー。その後はアルコールとドラッグの依存症に悩み、最晩年は糖尿病も発症。自宅での睡眠中に心不全で死去。没年52歳。

2008年
【薬物中毒死】ブラッド・レンフロ(Brad Renfro)【俳優/アメリカ】1998年の映画『ゴールデンボーイ』で見出された若手ハリウッドスター。アシスタントプロデューサーも務めた主演映画『BULLY』等、演技以外の面でも才能を発揮しており、ドラッグ撲滅キャンペーンのCMでは自らシナリオを書き出演した。幼少期の父親がジャンキーであったことも影響してか次第に薬物依存症に悩まされるようになり、飲酒運転や麻薬所持でたびたび逮捕された。ヘロインの過剰摂取で自宅にて死亡。没年25歳。
2013年
【死去】大島渚【映画監督】松竹に入社後、"松竹ヌーヴェルバーグ"の旗手として若くから活躍した映画監督。ハードコア・ポルノ作品の『愛のコリーダ』や、デヴィッド・ボウイを起用した『戦場のメリークリスマス』等の作品で海外にも広く知られる。着物姿のコメンテーターとしてテレビメディアにたびたび出演しており、自らの結婚記念パーティでの野坂昭如との殴り合いでお茶の間を賑わせたことも。肺炎で80歳没。