『「叫び」と1933年のムンク』

1944年1月23日は、ノルウェーが産んだ異能の画家・エドヴァルド・ムンクが死亡した日である。
真っ赤な空の元で顔面蒼白な人物が描かれた代表作『叫び』に象徴される「Frieze of Life(生命のフリーズ)をテーマにした連作で知られている。
そのテーマをムンクは「A Poem about Life, Love and Death(人生と愛と死)」であると定義し、人間が生きていく上での不安と狂気を単純な構成の絵画で描ききったという、極めてオリジナルな作家である。
人間としてのムンクも決して平坦な人生ではなく、ベルリンでの最初の個展が新聞からの批判によって1週間で打ち切りになったこと、交際していた女性の自殺未遂の際に左手中指をピストルで撃ち抜かれる等、節目節目で暗い影に覆われている。
人生で最高の創作をしていたと思われる1900年前後の“Frieze of Life”の時期も、実弟の死、妹の精神分裂病発症等と過ごした時期であった。
そして、既に国際的な評価を獲得していた1902年頃から、その栄光に反比例するように、自身も精神を病んでゆき、1908年10月にアルコール依存症の治療のために精神病院に入院することとなった。
やがて治療を終えると精神は安定したが、以降の作品に対する評価は精神を病む以前のものとは並ぶことはなかったという。
そして最晩年の1940年にナチスドイツがノルウェーに侵攻してくるとムンクは立て籠もった。そして1943年の12月12日に80歳の誕生日を祝った1週間後、ドイツ軍に抵抗するノルウェー人民の爆弾で自宅の窓ガラスが吹き飛ばされ、その夜の寒気にで発症した気管支炎で、翌年1月23日に死亡したのだった。
生きてゆくことの不条理さを、ムンクはその作品だけでなく、その人生、その死で示しているようだ。

(画像はWikipedia Edvard Munchより使用。Public Domain)

1月23日の不幸

1年
準備中
1556年
【自然災害】「華県地震」 明の陝西省で推定マグニチュード8.0の地震が発生。「明実録」によるとその死者数は報告されたものだけで83万人とされ、歴史上最大の被害を出した地震とされている。
1902年
【山岳事故】「八甲田雪中行軍遭難事件」青森県八甲田山山中で行なわれた雪中行軍にて発生した近代の登山史において世界最大級ともいえる山岳遭難事故。1902年1月23日から2月1日頃にかけて、訓練に参加した日本陸軍第8師団歩兵第5連隊210名のうち199名が死亡した。日本の冬季に行なわれた軍事訓練で最も多くの死傷者を出した事故であり、新田次郎著『八甲田山死の彷徨』やその映画化作品『八甲田山』等で広く知られるところになった。
1944年
【死去】エドヴァルド・ムンク(Edvard Munch)【画家/ノルウェー】代表作『叫び』で知られているノルウェーを代表する世界的画家。 若くして招待されたベルリンでの最初の個展が新聞からの批判によって1週間で打ち切りになったことや私生活での苦難、アルコール依存症等を乗り越え世界的な名声を確立した。ナチスドイツがノルウェーに侵攻中の1943年12月20日頃、ドイツ軍に抵抗するノルウェー人民の爆弾で自宅の窓ガラスが吹き飛ばされ、その夜の寒気にで発症した気管支炎で、翌年1月23日に死亡した。没年80歳。
1989年
【早世】【交通事故死】高橋良明【俳優・歌手】ドラマ『うちの子にかぎって2』で人気を博し1987年の『オヨビでない奴!』で主演として活躍した俳優。同年11月には『天使の反乱』でデビューしたアイドル歌手でもあった。1989年1月5日の夜に無免許でオートバイにて走行中、車道を横断してきた中学生を避けて路上駐車していた車に激突。病院に搬送され9日には意識が回復したが22日に容体が急変、翌日死亡した。没年16歳。死因は頭部打撲による小脳くも膜下出血及び中脳出血と発表された。
1989年
【死去】サルバドール・ダリ(Salvador Dalí)【画家/スペイン】(つづきから)1980年に右手をパーキンソン病で痛め、1984年に寝室の火事でひどい火傷を負い(自殺未遂の可能性も)、1988年以降はペースメーカーを使用していたが、1989年1月23日に心不全で死亡した。没年84歳。
1989年
【死去】サルバドール・ダリ(Salvador Dalí)【画家/スペイン】大きくはねたカイゼル髭と見開いた目のポートレートで知られるシュルレアリスムの代表的作家。自らを天才と自称し、"Paranoiac Critic(偏執狂的批判的方法)"と呼ぶ手法で独特の観念的な風景画を描いた。また詩人ポール・エリュアールの妻であったガラ・エリュアールを自らの妻にしてからは彼女をモデルにした作品も残したが、1982年にガラが亡くなると自殺未遂を起こしたが、やがて創作を止め彼女のために買ったプホル城に隠居した。(つづく)
2004年
【交通事故死】ヘルムート・ニュートン(Helmut Newton)【写真家/ドイツ】(つづきから)晩年移り住んだロサンゼルスにて、常宿として使用していたシャトーマーモンとホテルを出たところで自動車の操作を失い壁に激突死した。没年83歳。死後その遺灰はベルリンで埋められた。
2004年
【交通事故死】ヘルムート・ニュートン(Helmut Newton)【写真家/ドイツ】ドイツ生まれながらユダヤ人迫害を逃れシンガポールでキャリアを開始、その後『PLAYBOY』誌やイギリス版『VOGUE』誌での活躍で世界的な名声を確立した写真家。フェティッシュ、SMのエッセンスと都市生活とをミックスしたスタイリッシュな世界観の作品が特徴で、1961年にパリに拠点を移してからは『VOGUE』誌を始めとしたフランスの雑誌で長期にわたり活躍した。(つづく)
2011年
【死去】喜味こいし【漫才師】兄の夢路いとしと漫才コンビ「夢路いとし・喜味こいし」を結成し、そのツッコミ役として長きにわたり活躍した上方漫才の巨人。2003年9月25日にいとしが逝去すると「これでいとこい漫才は終焉です」と漫才引退を発表、その後はタレント、コメンテーターとして活躍した。1977年に膀胱ガンで人工膀胱保有者(オストメイト)となり、2010年には肺ガンも発見され、翌年1月23日に肺の小細胞ガンで死亡した。没年83歳。