『モディリアーニ作「ジャンヌ・エビュテルヌの肖像」1919年』

1920年1月25日は、強烈に個性的な作品と壮絶な人生を送ったことで知られるイタリアを代表する画家。アメディオ・モディリアーニが死亡した日である。
イタリアで模範的な美大生であったが、パリに移住すると、ピカソを始めとしたそこに集う強烈な才能に衝撃を受けて生活態度を一変、酒と麻薬(アブサン、ハッシッシ)を大量に常用するという過剰なまでに無頼な別人格に生まれ変わったのだった。
そして1916年頃からは早くも人生の最終段階を迎え、その才能も爆発的に発露。最後の3年間で現在残るほぼすべての作品を描き上げたのだった。また、出入りの激しかった異性関係もジャンヌ・エビュテルヌと出会ってからは落ち着き、1919年頃には婚約し長女ジャンヌ・モディリアーニを出産、、ジャンヌの腹には2人目の子を宿すまでの関係になっていた。
しかし、1917年に行なった最初で最後の個展は、裸婦の展示を咎めた警察に踏み込まれて台無しに。そして日頃の無軌道な生活に体が悲鳴を上げるように、1920年1月24日に、2人目の子供の出産をみることもなく、ジャンヌと結婚式を挙げることもなく、結核性髄膜炎で死亡した。
だがモディリアーニの悲劇はまだ終わらなかった。翌日に妻のジャンヌが腹の子を道連れに飛び降り自殺。1歳2カ月の長女ジャンヌは、孤児となった。
一説によれば、モディリアーニは生来患っていた結核を隠すために無理矢理に薬物とアルコールの依存を続けるしかなかったともいわれているが、その最後をみると、壮絶な終焉に相応しい人生を、その才能が予期していただけなのかもしれない。

(写真はWikipedia Amedeo Modiglianiより使用。Public Domain)

1月24日の不幸

1911年
【死刑】【早世】幸徳秋水【思想家】

明治期に「直接行動論」などを掲げ国体変革を迫る過激な活動をしていたアナーキスト。明治天皇暗殺を企てた大逆事件、1911年1月18日の「幸徳事件」で主謀者として逮捕され同月24日に死刑となった。39歳没。あくまでも著作による文章表現にとどまっていた幸徳を「明治天皇暗殺の首謀犯」とするのは強引に過ぎ、後年、政府による容疑の捏造であることが有力とみられている。逮捕後、国内はもとより世界的に講義の声が上がった。

1920年
【早世】【薬物過剰摂取】アメデオ・モディリアーニ(Amedeo Modigliani)【画家/イタリア】

強烈に個性的な作品と壮絶な人生を送ったことで知られるイタリアを代表する画家。イタリアで模範的な美大生であったが、パリに移住すると、ピカソを始めとしたそこに集う強烈な才能に衝撃を受けて生活態度を一変、酒と麻薬(アブサン、ハッシッシ)を大量に常用するという過剰なまでに無頼な別人格に生まれ変わり、画家としての才能も爆発的に発露。最後の3年間で現在残るほぼすべての作品を描き上げた。1917年に行なった最初で最後の個展は、裸婦の展示を咎めた警察に踏み込まれて中止。翌年1920年1月24日に結核性髄膜炎で死亡した。没年35歳。その死の翌日に妻のジャンヌが腹の子を道連れに飛び降り自殺。既に生まれていた1歳2カ月の長女ジャンヌは、孤児となった。

1971年
【芸能事件】「ザ・タイガース解散」

1960年代のグループ・サウンズブームを牽引したバンド「ザ・タイガース」が日本武道館で解散コンサート『ザ・タイガース ビューティフル・コンサート』を開催。1970年12月7日に解散を表明していた。沢田研二、岸部兄弟、森本太郎はそれぞれ音楽活動を続け、残りのメンバーは引退した。

1972年
【戦争】『横井庄一さん発見』グアム島に派遣されたまま日本の敗戦を知らないままジャングルに潜伏していた元日本兵の横井庄一が発見される。エビ、ウナギ捕獲の罠を仕掛けに行ったところ現地住民に発見されたため。グァムに派兵されてから28年を経過していた。帰国後の記者会見で言った「恥ずかしながら生きながらえておりましたけど」が「恥ずかしながら帰ってまいりました」に変換され流行語になった。
1986年
【競技中事故死】フローラ・ハイマン(Flora Jean Hyman)【バレーボール選手/アメリカ合衆国】

196センチという長身を活かしアメリカ代表チームの中心選手として長らく活躍したアタッカー。中心選手として1984年ロサンゼルスオリンピックでチームを銀メダルに導いた。1982年11月からは発足したダイエーバレー部に所属。1986年1月24日に行なわれた日本リーグ、ダイエー日立戦の試合中にベンチに戻った際に意識を失い、搬送先の病院で死亡。没年31歳。死因は急性心不全と発表されたが、その後アメリカでの検査でマルファン症候群による大動脈解離と診断された。

1995年
【麻薬事件】「長渕剛逮捕」

ミュージシャンの長渕剛が大麻の不法所持を発見され大麻取締法違反で逮捕。覚醒剤についても容疑がかかったが、尿検査の結果陰性であったために2月3日に処分保留で釈放。3月16日に不起訴処分となった。