『アーサー・ミラー著「セールスマンの死」初版の表紙(ヴァイキング・プレス社刊/装丁・ジョセフ・ヒルシュ)』

2005年2月10日は、アメリカを代表する劇作家であるアーサー・ミラーが死亡した日である。
1949年の代表作『セールスマンの死』では、ある敏腕サラリーマンの苦悩を通して終戦直後の虚脱感漂うアメリカ社会の闇を描き、その年のトニー賞演劇作品賞、そしてピューリッツァー賞を受賞するほどの世界的大ヒット作となった。再演や翻訳も盛んに行なわれ、アメリカでは1984年のダスティン・ホフマン版、日本では仲代達矢らが演じたことでも知られる。
私生活の面ではマリリン・モンローの最後(3度め)の結婚相手としても知られ、国際ペンクラブ会長を務めるなど、いち劇作家にとどまらない存在感を発揮し、20世紀のアメリカ文化を象徴する人物でもあった。
そんなミラーが膀胱ガンからの心不全により死亡したのが2005年2月10日。
それは、ちょうど56年前に、ニューヨークのモロスコ・シアターでエリア・カザン演出の『セールスマンの死』が初めて上演された日でもあった。それは、自らを世界的作家に押し上げた代表作がこの世に生まれた日に亡くなるという偶然とも思えない不思議な最後であった。
主人公のウイリー・ローマンとは違い、ミラー自身が自殺という結末を選ぶことはなかったのだが。

(写真はWikipedia Arthur Millerより使用)

2月10日の不幸

1923年
【死去】ヴィルヘルム・レントゲン(Wilhelm Conrad Röntgen)【物理学者/ドイツ】1895年にX線を発見し、1901年に第1回ノーベル物理学賞を受賞した物理学者。科学の発展は万人のものという考えから、ノーベル賞の賞金についても、ヴュルツブルク大学に全額寄付、特許等による経済的利益も一切受け取らなかった。癌腫で77歳没。
2005年
【死去】アーサー・ミラー(Arthur Miller)【劇作家/アメリカ】(つづきから)ニューヨークのモロスコ・シアターでエリア・カザン演出の『セールスマンの死』が初めて上演された日から56年後の2005年2月10日、膀胱ガンからの心不全で死亡した。没年89歳。
2005年
【死去】アーサー・ミラー(Arthur Miller)【劇作家/アメリカ】1949年の代表作『セールスマンの死』でその年のトニー賞演劇作品賞、そしてピューリッツァー賞を受賞した20世紀アメリカを代表する劇作家。私生活の面ではマリリン・モンローの最後(3度め)の結婚相手としても知られ、国際ペンクラブ会長を務めるなど、いち劇作家にとどまらない存在感を発揮し、20世紀のアメリカ文化を象徴する人物でもあった。 (つづく)