『グリーンランドで2011年に発行された植村直己の記念切手』

1984年2月13日は、世界初の五大陸最高峰登頂に成功した世界的冒険家、植村直己が前日に世界で初めてマッキンリー冬期単独登頂に成功しながら、その帰路で消息を絶った日である。
1966年7月に西ヨーロッパ最高峰のモンブラン(標高4810.9メートル/フランス・イタリア)、同年10月24日にアフリカ最高峰のキリマンジャロ(標高5,895メートル/タンザニア)、1968年2月5日に南米最高峰のアコンカグア(標高6,960.8メートル/アルゼンチン・チリ)、1970年5月11日にアジア最高峰のエベレスト(標高8,850メートル/ネパール・中国チベット自治区)、同年8月26日に北米大陸最高峰のデナリ(かつてはマッキンリーと呼ばれていた。標高6,190メートル/アメリカ)の単独登頂に成功した人類初の人物となった。
1978年には犬ぞりで人類史上初の北極点単独行、グリーンランド縦断にも成功し、日本人として初めて『National Geographic』の表紙に採用され、前人未到の偉業の数々により、世界的名声が確立した。
しかし、その後、植村の進む道は無謀ともいえるレベルになってゆく。
1980年、エベレストの厳冬期登頂に臨むも隊員・竹中昇の死亡事故により断念、1982年には南極点単独犬ぞり行に臨んだが協力予定だったアルゼンチン軍のフォークランド紛争勃発により断念。
そして1984年2月12日、43歳の誕生日に、マッキンリーの冬季単独登頂に成功したが、その翌日の連絡を最後に消息を絶つことになった。
2度の失敗を経て、成功を急いだのではという疑念も起きた植村の最終行であったが、その心の底に持った絶大な衝動を抜きにして、数々の偉業を語ることはできないであろう。
その意味で、日本が誇る“冒険王”の最後も、世界に誇るべき偉業であったといえるであろう。
1984年4月19日に国民栄誉賞が与えられた他、6月19日にデンマーク政府はグリーンランドのヌナタック峰を、「ヌナタック・ウエムラ峰」に改称、そして2011年にはその偉業の舞台となったグリーンランドで記念切手が作られている。
なお、いまだ植村の遺体は発見されていないが、人類未踏を常とする人物の終着地であっただけに、我々がいまだそこにたどり着けないのも当然であるのかもしれない。

(画像はグリーンランド政府が2011年7月28日に発行した植村直己記念切手)

2月13日の不幸

1982年
【急死】江利チエミ【歌手/女優】(つづきから)1982年2月13日に港区高輪の自宅マンションのベッドの上でうつ伏せのまま倒れて死んでいるところをマネージャーが発見。45歳没。死因は脳卒中と、吐瀉物による窒息(誤嚥)とされている。
1982年
【急死】江利チエミ【歌手】幼い頃から吉本興業に所属する子役であり、終戦直後の1952年に『テネシーワルツ/家へおいでよ』でレコードデビュー。同年に映画『猛獣使いの少女』に初主演し、天才少女として美空ひばりに並び称された。ジャズ、カントリーなどの洋楽のカバーでヒット曲を連発した。また、役者としても映画『サザエさん』の主役として国民的人気を不動のものとした。私生活では1959年に高倉健と結婚、引退したが1960年に芸能界に復帰。1971年に離婚した。(つづく)
1984年
【消息不明】植村直己【冒険家】世界初の五大陸最高峰登頂(モンブラン、キリマンジャロ、アコンカグア、エベレスト、デナリ"マッキンリー")に成功した世界的冒険家。人類史上初の北極点単独行、グリーンランド縦断にも成功し、日本人として初めて『National Geographic』の表紙に採用された。1984年2月12日、43歳の誕生日にデナリの冬季単独登頂に成功したが、その翌日の連絡を最後に消息を絶つことになった。 • 現在もその遺体は発見されていない。死後の4月19日に国民栄誉賞が与えられた。
2005年
【死去】ルシア・ドス・サントス(Lúcia de Jesus dos Santos)【修道女/ポルトガル】ファティマ出身の修道女。10歳の頃にファティマの聖母の目撃者となった3人のうちの1人で、2人の死を乗り越えドロテア修道会に入り、1948年にはローマ教皇ピオ12世によってカルメル会に転属された。ローマ教皇庁により奇跡認定されたファティマの聖母の予言を受けたものとして、生涯に渡りあらゆる脅迫や陰謀の対象となった。晩年は視力・聴力も失ったが、修道女としての生活を全うし97歳で死亡した。
2008年
市川崑【映画監督】アニメーターとして活動し、1936年に短編アニメ映画『新説カチカチ山』を発表。戦後から実写映画の監督に転身し、『ビルマの竪琴』『野火』『東京オリンピック』『犬神家の一族』等あらゆるジャンルで数々の名作を遺した。また、テレビドラマの『木枯し紋次郎』シリーズ、CMの『サントリーレッド』シリーズ等、映画以外のジャンルでも意欲的な活躍をみせた。ほぼすべての作品を妻であり脚本家の和田夏十と共作したことでも知られる。2008年2月13日午前1時55分に肺炎で92歳没。
2012年
【急死】久島海啓太【大相撲力士・指導者】日本大学時代に学生相撲で目覚しい業績を残し出羽海部屋に入門。久島海の四股名で将来を嘱望されたが、大相撲では周囲の期待ほどの実績は残せず、幕内最高位は前頭筆頭だった。幕内通算35場所237勝273敗。引退後は準年寄・久島海、1999年からは年寄田子ノ浦として後進の指導にあたっていた。2003年に急性心筋梗塞で緊急入院したがすぐに復帰。以降は80キロ以上の減量で体調管理に努めていたが2012年2月13日に家族の前で昏倒。(つづく)
2012年
【死去】久島海啓太【大相撲力士・指導者】(つづきから)意識不明、心肺停止状態で病院に搬送されたがそのまま死亡した。46歳没。死因は虚血性心不全と発表され、転倒時に唇を切ったことがその原因とされる。