『1988年に出版されたサルマン・ラシュディ著「悪魔の詩」の表紙(写真左)と1989年2月27日発売の「タイム」誌の表紙』

1989年2月14日は、イラン最高指導者であるホメイニが、前年にイギリスで出版された書籍『悪魔の詩』がムハンマドの生涯をショッキングに描きすぎたとして、同書出版関係者への死刑宣告の“ファトワー”が出された日である。ホメイニはその4カ月後の6月3日に心臓発作で死亡するが、ファトワーは発した本人以外は撤回ができないこととされているので、以後、撤回されることはなくなった。
その結果、1991年7月11日 に『悪魔の詩』の日本語訳をした筑波大学助教授の五十嵐一が大学内のエレベーターホールで刺殺され、さらには1993年にトルコ語訳者が開いた集会が襲撃され、参加者のうち37人が死亡した。
幾度もの殺害計画を逃れ、ラシュディは現在も存命ではあるが、同じくアルカイダの殺人リストに掲載されていたフランスのタブロイド紙『シャルリー・エブド』は2015年に襲撃を受け関係者12人が死亡。もちろんその悲劇を受けラシュディはすぐさま『シャルリー・エブド』の指示を表明した。果たして、イスラム教過激派と過激表現との間で渦巻く憎しみの連鎖が終わる日はくるのだろうか!?

(写真はサルマン・ラシュディ著「悪魔の詩」1988年/Viking Press刊と1989年2月27日発売の「タイム」誌)

2月14日の不幸

1年
準備中