『マルコムXが射殺された直後のオードゥボン・ボールルームのステージと1964年のマルコムX(写真右)』

1965年2月21日は、“最も過激な黒人公民権運動家”として知られたマルコムXが元同士のNOI(Nation Of Islam)メンバーにより暗殺された日である。
同時期を生きたマーチン・ルーサー・キング・ジュニア牧師とは対照的に、白人への嫌悪感を剥き出しにした言動で、同様に攻撃的であったNOIとともに社会の注目を集めたマルコムであったが、NOI加入の原因となったイライジャ・ムハンマドのレイプ事件を咎めて以来、教団とも疎遠となり、在籍時にも暗殺未遂事件に巻き込まれていた。その頃からは過激な言動のみならず、イスラム教の正統派に転向し1964年にNOIを脱退し「Organization of Afro-American Unity(アフリカ系アメリカ人統一機構)」を立ち上げ、自らの活動を続けた。しかしNOIの攻撃の手は退団後いっそう強まり、1965年2月14日には自宅に爆弾攻撃がなされ、さらには21日の演説中に、NOIの信者3名により射殺されたのであった。
彼らが常に敵対人種として見なしていた白人にではなく、同士ともいうべき黒人の手によって暗殺されてしまったところに、1960年代黒人公民権運動の悲壮さが滲んでいる。
果たして我々は、それを遠い過去の記憶と呼べるのであろうか?
マルコムXの死から50年がたった現在、アメリカの人種問題はなくなるどころか、“過激な”大統領が毎日とりかかる日常業務と化している−−。

(写真はWikipedia Malcolm Xより使用。Public Domain)

2月21日の不幸

1年
準備中