『南側から見たマクペラの洞窟』
1994年2月25日は、ユダヤ教、イスラム教の聖地であるパレスチナ自治区ヘブロンにおいて29人のムスリムが射殺された「マクペラの洞窟虐殺事件」が発生した日である。
ユダヤ、イスラムが交代で使っていた洞窟内の施設で起きたこの悲劇は、アメリカ出身のユダヤ人医師、バールーフ・ゴールドスタインによる大量殺人事件であった。
ユダヤ人の極右思想である“カハネ主義”の信奉者であったゴールドシュティンはユダヤ人以外の人間の診療を断るという偏った思想を持っており、プーリーム、ラマダンというそれぞれの宗教の祝祭日が重なっている時期に、イサークのホールで祈りを捧げていた800人ものパレスチナ人ムスリムを背後から機関銃で乱射し、29人を死亡、125人を負傷に追い込んだ。
さらにこの事件は各地に飛び火し、26人のパレスチナ人と9人のイスラエル人が死亡している。
この結果イスラエルは“カハネ”をテロ組織と見なし、避難の対象としたが、その一方で、少数ながらもゴールドスタインを民族の英雄と見なすユダヤ人も存在する。
世界市場でも有数の虐殺劇を行なったテロリストといわれるゴールドシュティンであるが、その墓には「聖なるバールーフ・ゴールドスタインユダヤ人、トーラー、そしてイスラエルのために人生を捧げた」と刻まれているのだ。

(画像はWikipedia Cave of the Patriarchs massacreより使用)

2月25日の不幸

1682年
【暗殺】アレッサンドロ・ストラデッラ(Alessandro Stradella)【作曲家/イタリア】

バロック音楽を代表する作曲家のひとり。聖譚曲『洗礼者ヨハネ』の作曲や合奏協奏曲様式の創始者として知られ、早くから作曲家として活躍。20歳でスウェーデン女王から作品を委嘱されるほどの人気であった。ローマに移ってからは、宗教曲を数多く作曲する傍ら、放蕩な生活を送り、女性関係でたびたび問題を起こしていたが、貴族の愛人と関係したことで、命を狙われるように。一度は難を逃れ、オペラやカンタータの作曲家として活躍をし始めるも、再び放蕩な生活を送ったことで足がつき、貴族に雇われた暗殺者によってジェノヴァで刺殺された。没年37歳。

1899年
【死去】ポール・ジュリアス・ロイター(Paul Julius Baron von Reuter)【実業家/ドイツ】伝書鳩を使用しての情報伝達業から電信、電報へと発展させ、後のロイター通信社を創業した人物。1872年にガージャナール調から与えられたロイター利権を利用し、あらゆる地下資源の採掘や金融業にまで進出した。ニースで死去。没年82歳。
1927年
【自殺】リン・F・レイノルズ(Lynn F. Reynolds)【俳優・映画監督・脚本家・プロデューサー/アメリカ合衆国)俳優を経て1915年の『Both Sides of Life』で監督デビュー。その作品は日本でも数多く上映され、ブルーバード映画の『沼の少女』『南方の判事』等の代表作で知られる。1927年2月25日に友人カップルとの会食の際に妻であり女優のキャスリン・オコーナーと互いの不倫で口論になり、自室に駆け込んで拳銃自殺した。没年37歳。
1970年
【自殺】マーク・ロスコ(Mark Rothko)【画家/アメリカ合衆国】

幼少期に家族とともにロシアからアメリカに移住し、画面を塗り潰す独特の抽象画で世界的成功を博した画家。1968年に軽度の大動脈瘤と診断されたが、医師の言いつけを無視し暴飲暴食の生活を続けた結果インポテンツに陥り、そのまま妻とも離婚。晩年は抗鬱剤を常用し、1970年2月25日にスタジオで手首を切って自殺しているところをアシスタントに発見された。没年66歳。その死亡した日に代表作『シーグラム壁画』がロンドンのテートギャラリーに到着した。

1983年
【怪死】【奇妙な死】テネシー・ウィリアムズ(Tennessee Williams)【劇作家/アメリカ合衆国】

1948年の『欲望という名の電車』、1955年の『熱いトタン屋根の猫』で2度にわたりピューリツァー賞を受賞したアメリカを代表する劇作家・私生活では同性愛者であったことで知られており、秘書のフランク・マーロとの関係はマーロが1963年に死亡するまで続いた。また、1979年1月にはそのセクシャリティからヘイトクライムの犠牲になったことでも知られている。晩年はアルコールとドラッグの依存症を患い、1983年2月25日にニューヨークのホテル・エルセーのスイートで鼻用のスプレーのキャップを喉に詰まらせて死亡した。没年54歳。事故死と発表されたが、未だ他殺を疑う向きもある。

1993年
【死去】安房直子【児童文学作家】

幻想的な作風で知られる昭和から平成にかけて活躍した児童文学作家。東京都生まれ。日本女子大学在学中に文芸評論家の山室静に師事し、児童文学作品を創作。1971年に『さんしょっ子』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。その後も1973年に『風と木の歌』で小学館文学賞、1982年の『遠い野いばらの村』で野間児童文学賞、1985年の『風のローラースケート』で、新美南吉児童文学賞といった数々の賞に輝いた。晩年まで執筆活動を続けていたが、1993年2月25日に肺炎を患い死亡。没年50歳。没後もその作品は高い評価を受け2004年に『安房直子コレクション』が刊行された。

1994年
【大量殺人】「マクペラの洞窟虐殺事件」

ユダヤ教、イスラム教の聖地であるパレスチナ自治区ヘブロンのマクペラの洞窟において発生した、アメリカ出身のユダヤ人医師、バールーフ・ゴールドスタインによる大量殺人事件。プーリーム、ラマダンというそれぞれの宗教の祝祭日が重なっている時期に、イサークのホールで祈りを捧げていた800人ものパレスチナ人ムスリムを背後から機関銃で乱射し、29人を死亡、125人を負傷に追い込んだ。ゴールドスタインはその場で生き延びたムスリムたちにより撲殺されたが、この事件は各地に飛び火し、さらに26人のパレスチナ人と9人のイスラエル人が死亡している。

1994年
【死去】ジョー・ウォルコット("Barbados" Joe Walcott)【プロボクサー/バルバドス】身長156センチながらヘビー級ボクサーをもKOしたという伝説のボクサー。黎明期の世界ウェルター級王座を数度にわたり獲得した。通算成績は81勝(34KO)24敗17引分け15無判定というものだが、非公式なものも含めれば生涯で800戦を戦ったともいわれている。ボクシング記者のナット・フライシャー曰く"ウェルター級歴代最強"、2003年『リングマガジン』選出の歴代最高のパンチャー100人に選出。62歳没。
1996年
【射殺】ハイン・S・ニョール(Haing S. Ngor/吳漢潤)【俳優・医師/カンボジア】産婦人科医、軍医として勤務中の1975年にポル・ポト率いるクメール・ルージュに捕まり4年間の拷問、強制労働に・1979年にタイに脱出し、翌年難民として渡米・1984年の映画『キリング・フィールド』に俳優として出演し、未経験ながらアカデミー助演男優賞、ゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞した。その後も俳優活動や人権活動を継続したが1996年にロサンゼルスの自宅近郊で強盗により射殺された。没年55歳。
2008年
【死去】ジェノア・ケアヴェ('Aunty' Genoa Leilani Adolpho Keawe-Aiko )【歌手/アメリカ合衆国】

ハワイを代表する女性シンガーのひとりであり、地元ハワイのミュージシャンに多くの影響を与えた人物。彼女の独特な歌声は"スイート・ファルセット"と呼ばれ人々から愛された。オアフ島カカアコ生まれ、幼少期から歌うことが好きで、LDS教会の合唱団に入隊し、音楽の基礎を学ぶ。第二次世界大戦前にカイルアのクラブでデビューするも、歌だけでは食べていけず、レイの販売、タクシードライバーなどの副業で糊口をしのいだ時期も。その後、テレビ番組やラジオに出演し、80歳を過ぎるまで現役として活躍。2000年にその功績が認められ、民族芸術におけるアメリカでも最も名誉ある「ナショナル・ヘリテージ・フェローシップ(国家遺産奨学金)」を受ける。2005年にはハワイ大学から名誉博士号取得。2008年2月25日の朝、自宅にて死去。没年89歳。

2009年
【航空事故】「トルコ航空1951便墜落事故」イスタンブール・アタテュルク国際空港を出発し、アムステルダム・スキポール国際空港に着陸予定のトルコ航空1951便は、着陸降下中に滑走路から1.5キロ手前の農家の草地に機体後部から墜落。機体は機首、胴体、尾翼と3つに分解され大破。エンジンは機体の100メートル先にまで転がっていた。自力で脱出したものも多くかったが、9人が死亡、うち4人は乗務員だった。原因は電波高度計とそれに対応できなかった操縦士のミスといわれている。