『二・二六事件を起こした叛乱軍の首謀者の一人である栗原安秀中尉(中央)と下士官兵たち』

1936年2月26日は、日本近代史においても類を見ない大規模なクーデター未遂事件、「二・二六事件」が発生した日である。社会運動家・北一輝の『日本改造法案大綱』に影響を受けた陸軍皇道派の青年将校らが岡田啓介内閣総理大臣をはじめとした政府要人を殺害し代わって主権を握ろうと目論んだこのクーデター案には、陸軍の下士官を中心として1400人もの陸軍兵士が参加したという大規模な“昭和維新”であった。その結果として、斎藤実内大臣、高橋是清大蔵大臣という2名の総理大臣経験者を含む5名の政府関係者が殺害され、総理大臣官邸、内務大臣官邸、陸軍省及び参謀本部、東京朝日新聞等、永田町、霞ヶ関、赤坂の一帯を占拠。日本政治の中枢を獲得することに成功した。しかし肝心の昭和天皇が逆賊と断じたことにより大義を失った叛乱軍は下士官たちを投降させ、中心人物の野中四郎は拳銃自殺。残るメンバーや北は法廷にその身を任せたが銃殺刑に処された。

(写真はWikipedia February 26 Incidentより使用。Public Domain)

2月26日の不幸

1年
準備中
1936年
【クーデター】「二・二六事件」社会運動家・北一輝の『日本改造法案大綱』に影響を受けた陸軍皇道派の青年将校らが岡田啓介内閣総理大臣をはじめとした政府要人を殺害し代わって主権を握ろうと目論んだこのクーデター。陸軍の下士官を中心として1400人もの陸軍兵士が参加したという大規模な"昭和維新"の結果、斎藤実内大臣、高橋是清大蔵大臣という2名の総理大臣経験者を含む5名の政府関係者が殺害された。(つづく)
1936年
【クーデター】「二・二六事件」(つづきから)しかし肝心の昭和天皇が逆賊と断じたことにより大義を失った叛乱軍は下士官たちを投降させ、中心人物の野中四郎は拳銃自殺。残るメンバーや北は法廷にその身を任せたが銃殺刑に処された。