『映画「THE KID」の宣材写真よりチャールズ・チャップリンと写るジャッキー・クーガン』

1984年3月1日は、俳優のジャッキー・クーガンが死亡した日である。
晩年は1977年に放送開始された人気TVドラマ『アダムス・ファミリー』のフランパー役で怪奇派俳優として人気を博した人物であったが、元はチャップリンの名作映画『THE KID』(1921年)で一躍スターダムへと駆け上がった天使のような超人気子役であった。その収入は8歳の時点ですでに週給2万ドルを超えていたといわれており、当時が1920年代という時代を考えれば途轍もない収入であったといえるだろう。1935年10月、21歳の時、その頃に彼が稼いだ300万〜400万ドルもの財産を母親とその再婚相手が浪費したことが判明した。そしてクーガンは1938年に母親と義父を訴訟した。人気子役が親を訴えたことが社会的な注目を集め、チャップリンの援助もありクーガンは勝訴。1989年には子役の収入の15パーセントを青年になるまで積み立てなければならないという「California Child Actor's Bill」、通称“クーガン法”が制定された。子供が金銭面で母親を訴えるという図式はこの上なく不幸であったが、若きジャッキー・クーガンの戦いが多くの子供たちの不幸を未然に防いできたことは想像に難くない。

(写真はWikipedia Jackie Cooganより使用。Public Domain)

3月1日の不幸

1932年
【身代金誘拐事件】「リンドバーグ愛児誘拐事件」人類初の大西洋間無着陸飛行を成し遂げたチャールズ・リンドバーグの当時1歳の長男が1932年3月1日に誘拐された事件。自宅から忽然と姿を消した長男の代わりに身代金5万ドルを要求するノートが置いてあった。10日間の捜索と身代金の受け渡しまでやったが、長男は1932年の5月12日にリンドバーグ宅の近所で遺体となって発見された。事件の2年後、身代金の紙幣を使用したことからブルーノ・リチャード・ハウプトマンが逮捕され、1936年に死刑となった。
1939年
【死去】岡本綺堂【小説家】24年の新聞記者生活を経て小説家、戯曲家に。『半七捕物帳』『番町皿屋敷』等の代表作で知られる大正期を代表する作家。東京・目黒にて肺炎で66歳没。
1984年
【死去】ジャッキー・クーガン(Jackie Coogan)【俳優/アメリカ】(つづきから)晩年は1977年に放送開始された人気TVドラマ『アダムス・ファミリー』のフランパー役で怪奇派俳優として人気を博し、1984年3月1日に心不全で死亡した。没年69歳。
1984年
【死去】ジャッキー・クーガン(Jackie Coogan)【俳優/アメリカ】映画『THE KID』(1921年)で一躍スターダムへと駆け上がった1920年代の超人気子役俳優・その収入は8歳の時点ですでに週給2万ドルを超えていたといわれており、1935年10月、21歳の時には300万〜400万ドルもの財産を築いていたが、母親とその再婚相手がそのほとんどすべてを浪費したことが判明。係争の結果「California Child Actor's Bill」、通称"クーガン法"が制定された。(つづく)
1999年
【事故死】【怪死】長谷川悟史【プロレスラー】パンクラス横浜道場所属のプロレスラー。1998年2月6日にセーム・シュルトとの対戦で一本勝ちを収めるなど将来を嘱望される存在であったが、1999年3月1日に道場近くのマンションから転落死した。没年22歳。死因は骨折からの外傷性出血ショックと発表されたが、屈強な若手レスラーのあまりに早過ぎる事故死は未だに様々な憶測を呼んでいる。