『エチオピア・アディスアベバで行なわれた第20回アフリカ開発のための新パートナーシップ会議に出席した際のアル=バシールスーダン大統領』2009年1月31日/アメリカ海軍撮影

2009年3月4日はICC(国際刑事裁判所) が第7代スーダン大統領アル=バシールを、スーダン西部のダルフール紛争における人道的な罪、ジェノサイド罪で起訴するということを発表し、逮捕状を発行した日である。この案件は、ICCが現職の国家元首を起訴するという初めてのケースとなった。1960年にスーダン軍に入隊して以降、着実に軍人としてのキャリアをステップアップしていったアル=バシールは、1989年に民族イスラム戦線のハサン・トラービーの協力を得て軍事クーデターに成功し政権を掌握。主権協議会統治時代を含めると第7代目の大統領として独裁政権を築き、1990年代以降、アメリカを含む西側先進国からは北朝鮮の金正日(現在は金正恩)とともに悪政を行なっている施政者として批判を浴び続けている。問題となったダルフール紛争では政府軍による略奪・強姦を含む民間人の大量虐殺が問題視され、アルカイダやビン・ラディンらのテロリストがスーダンに居を構えていたことで、現在もアメリカはイラン、シリアとともにスーダンをテロ支援国家に指定している。しかし、2009年に発行された逮捕状は、中国、ロシア政府と連携を密にしているアル=バシールの方策により、今のところ実行されることはないというのが大方の見通しである。見方によればICCという国際組織の効力を有名無実化させてしまったこの不幸な逮捕状は、果たしてどのような運命を辿るのであろうか。

(写真はWikipedia Omar al-Bashirより使用。Public Domain)

3月4日の不幸

1年
準備中