『1961年に撮影されたキティ・ジェノヴェーゼのポートレート』

1964年3月13日は、ニューヨークでバーのマネージャーとして働いていた28歳のキティ・ヴェーゼが刺殺された日である。勤務を終え深夜に自宅近くで駐車したキティに背後から迫った29歳のウィンストン・モズリーは、彼女の背中を2回刺した。その瞬間、彼女の「Oh my God, he stabbed me!(彼に刺された) Help me!」という大きな悲鳴が住宅街に響き渡った。深夜であったが、その声に気づいた住民は多く、そのひとりであるロバート・モーザーはモズリーに対しキティを解放するように言ったという。モズリーはロバートの方を向き、肩をすくめてみせると、自らの乗ってきた車の方へと向かった。しかしその直後、キティの元へ踵を返し、再びナイフで数回差し、さらにレイプをした上に49ドルという現金も奪って逃走したのだった。モズリーは6日後に強盗で捕まり、終身刑となったが、この事件は他の意味でクローズアップされることになった。
それが、現在も社会的に問題となっている『傍観者効果(Bystander effect)』と呼ばれる現象である。1968年にアメリカの心理学者、ビブ・ラタネとジョン・ダーリーはこのキティ・ヴェーゼ刺殺事件の、被害者の声を38人もの近隣住民が訊いているにもかかわらず誰も急いで通報しなかったことに注目した。最初の悲鳴から2度目の凶行に及ぶまで、誰もが殺されていくキティに積極的に関わろうとしなかったことが、彼らの研究心を引きつけた。研究結果から、この無関心は、“都会の人間の冷酷さ”ではなく、“多くの人が見ていたこと”自体にあるとし、人間の深層心理の複雑さを証明してみせた。
近年も世界各国で衆人環視の中で起きた事故にフリーズするという現象が“人間の冷酷さ”の象徴として報道される機会が多いが、そのうちのある部分は、この『傍観者効果』によるものなのである。それを未然に防ぐ適切な報道がなされることを願う。

(写真はWikipedia Murder of Kitty Genoveseより使用)

3月13日の不幸

1年
1996年
【大量殺人】【学校乱射事件】「ダンブレーン小学校殺人事件」

イギリス・スコットランドのダンブレーン小学校に小売店経営の42歳、トーマス・ハミルトンが侵入し、拳銃を乱射。児童と教師合わせて16人を拳銃で殺害し、15人に怪我を負わせ、最終的には自らも拳銃自殺を遂げた。イギリス史上でも最もひどい無差別殺人のひとつといわれている。ハミルトンは自ら指導していたボーイスカウトクラブの少年を裸にして撮影していたことが発覚し、それらの活動を禁じられ、1993年には小売店も倒産していた。