『1888年9月4日「ナンバー1コダック」の図面と1954年に発行されたジョージ・イーストマンの生誕100周年3セント記念切手』

1932年3月14日は、世界で初めてロールフィルムを発明し、イーストマン・コダックの創業者として知られるジョージ・イーストマンが拳銃自殺した日である。晩年は脊椎管狭窄症からくる絶えない痛みとに苦しみ、1932年3月14日に「To my Friends, My work is done. Why wait?(友よ、私の仕事は終わった。なぜ待たねばならないのだ?)」という遺書を残して自らの頭に銃弾を撃ち込み自殺を遂げた。20世紀のメディアに決定的な革新をもたらし、莫大な富を得た人物の自殺は、生命の価値を考える際にひとつの示唆となった。

(写真はWikipedia George Eastmanより使用。Public Domain)

3月14日の不幸

1年
1932年
【自殺】ジョージ・イーストマン(George Eastman)【発明家・実業家/アメリカ】

世界で初めてロールフィルムを発明し、イーストマン・コダックの創業者として知られる人物。晩年は脊椎管狭窄症からくる絶えない痛みとに苦しみ、1932年3月14日に「To my Friends, My work is done. Why wait?(友よ、私の仕事は終わった。なぜ待たねばならないのだ?)」という遺書を残して自らの頭に銃弾を撃ち込み自殺を遂げた。没年77歳。