『安室奈美恵の「RESPECT the POWER OF LOVE」のCDジャケット』

1999年3月17日は歌手の安室奈美恵の実母が殺害された日である。
母親の再婚相手の弟という安室とは血縁関係にない人物ものの親類縁者による殺人事件であり、自動車で轢いた後になたを振り下ろし殺害するという残忍極まりない犯行であった。その後逃走した犯人は山中で服毒自殺したためにその動機が知られることはなかったが、日頃から不仲な関係であったことが伝えられている。
奇しくもこの日は前年の第一子出産・休養を経ての歌手活動再開を告げる復帰第一弾シングル『RESPECT the POWER OF LOVE』の発売日でもあった。
まだこの当時21歳であった安室はこの事件を期に引退を考えたというが、その後の活躍は衆目の知るところである。
この不幸を乗り越えていまだ光り輝く舞台で歌い続ける彼女の裏に、壮絶な決意が秘められていることは確かである。

(画像は『RESPECT the POWER OF LOVE」(1999年/avex trax)』)

3月17日の不幸

2007年
【死去】船越英二【俳優】

大映第2期ニューフェイスに合格し映画『第二の抱擁』で俳優デビュー。脇役を演じることが多かったが、1949年の市川崑監督作『野火』の主演で国内外の高評価を獲得し、一躍スターに。大映倒産後は『時間ですよ』『熱中時代』『暴れん坊将軍』等のテレビドラマで活躍した。2001年のドラマ『旗本退屈男』を最期に俳優業を引退。誕生日の3月17日に脳梗塞で死亡した。没年84歳。実子も俳優として活躍する船越英一郎。