『バルド国立博物館銃乱射事件の現場と、その犠牲者の慰霊プレート』

2015年3月18日は、チュニジアの首都チュニスのバルド国立博物館で銃乱射事件が起き、22人もの一般市民が大量虐殺された日である。
博物館は外国人が集う観光スポットであったため、外国人観光客を狙った無差別テロだと思われ、犯人の2人は200人もの人質を取っていたという。死亡した22人のうち、外国人は20人。その内訳はイタリア人とフランス人が最も多く4名、その次が日本人とポーランド人で3名、以降、スペイン人とコロンビア人が2名、イギリス人、ベルギー人、ロシア人が1名というものだった。犯人の2人はともにチュニジア人で、人質を盾に閉じこもったが、2時間ほどで突入した治安部隊によって射殺された。日本の報道に拠れば一連のイスラム国(ISIL)によるテロの線が濃厚だが、チュニジアのベジ・カイドセブシ大統領は国内に拠点を置くイスラム過激派組織「アンサール・アル=シャリーア」の犯行であると断定した。40人の怪我人と22人の死亡者を出した恐ろしい無差別テロ事件であるが、テロの恐怖が日常化した昨今では、実感が沸かないような気さえしてくるから恐ろしい。

(画像はWikipedia Bardo National Museum attackより使用)

3月18日の不幸

1年
1963年
【自然災害】「アグン火山爆発」

インドネシア・バリ島にあるアグン火山が爆発。18日から19日にかけての噴火で1,500人以上が死亡、さらに同年5月16日の再噴火で200人以上もの人名を奪った。

1978年
【死去】リイ・ブラケット(Leigh Douglass Brackett)【小説家・脚本家/アメリカ】

代表作『The Long Tommorrow(長い明日)』等で知られるSF小説家であり、1946年の映画『三つ数えろ』、1973年の『ロング・グッドバイ』、そして1981年の映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』の脚本を手がけたことでも知られる人物。カリフォルニア、ランカスターの自宅にてガンにより62歳没。

1984年
【身代金誘拐事件】【未解決事件】「グリコ・森永事件」

江崎グリコ社長・江崎勝久の西宮市の自宅に2人組の男が押し入り全裸のまま誘拐。翌日犯人からの電話により呼び出された場所に身代金10億円と金塊100キロを要求する脅迫状が"かい人21面相"から残されていた。交渉の後に犯人は「金はいらん」と言及。怨恨もしくは愉快犯であると断定された。事件3日後の3月21日に社長は自力で脱出し事なきを得たが、以降、大手食品メーカーを次々に脅迫する一連の「グリコ・森永事件」が続いた。

1996年
【死去】オデッセアス・エリティス(Odysseus Elytis)【詩人・ギリシャ】

死去】オデッセアス・エリティス【詩人・ギリシャ】『第一の太陽』(1943年)『価値がある』(1959年)等の詩集で1979年のノーベル文学賞を受賞したギリシャを代表する詩人。海外旅行の準備中に死亡した。没年84歳。生まれ故郷のレスボス島にあるミティリニ国際空港は彼にちなみ「オデッセアス・エリティス」と呼ばれている。

2008年
【死去】アンソニー・ミンゲラ(Anthony Minghella, CBE)

【映画監督・映画プロデューサー/イギリス】1996年の映画『イングリッシュ・ペイシェント』で同年のアカデミー監督賞を受賞したイギリス人映画監督。絵監督としては『リプリー』『コールドマウンテン』、プロデューサーとしては『愛を読む人』等のヒット作を残した。扁桃腺と頸部のガンの切除中に失血死した。没年54歳。

2015年
【無差別テロ】「バルド国立博物館銃乱射事件」

チュニジアの首都チュニスのバルド国立博物館で銃乱射事件が発生。外国人観光客を狙った無差別テロだと思われ、犯人の2人は200人もの人質を取っていたという。死亡した22人のうち、外国人は20人。その内訳はイタリア人とフランス人が最も多く4名、その次が日本人とポーランド人で3名、以降、スペイン人とコロンビア人が2名、イギリス人、ベルギー人、ロシア人が1名というものだった。犯人の2人はともにチュニジア人で、人質を盾に閉じこもったが、2時間ほどで突入した治安部隊によって射殺された。日本の報道に拠れば一連のイスラム国(ISIL)によるテロの線が濃厚だが、チュニジアのベジ・カイドセブシ大統領は国内に拠点を置くイスラム過激派組織「アンサール・アル=シャリーア」の犯行であると断定した。