『ゲーテ作「ファウスト」の挿絵/画=ハリー・クラーク』

1832年3月22日は、ドイツを代表する詩人であり劇作家のヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテが死亡した日である。
不倫と悲恋に煩悶し自殺を選ぶ学生の『若きウェルテルの悩み』等、若くして既にヨーロッパ中に知れ渡る人気作家であったゲーテであるが、その人生をかけて成し遂げた偉業といえば、二部構成からなる長大な戯曲『ファウスト』である。ドイツに15世紀頃から伝わっていたとされる『ファウスト伝説』を取材、再構築し、若き頃からのテーマである《人間の生きる価値》についてを、ファウスト博士、善良な娘グレートヒェン、そして人間を誘惑する悪魔メフィストーフェレスのやりとりで描いている。
この挿絵の下にある「Have you not led this life quite long enough ?(もう十分に長く生きてこなかったのか?)」は劇中でメフィストがファウストに問う言葉のひとつであり、このような問いかけを通じて人生の弱みと脆さ、美しさが綴られていく大作が『ファウスト』なのである。
果たして、ゲーテの人生は悩みの中にありながら、常に自らの欲望のサイドに突き動かされる極めて“人間らしい”ものであった。
自殺を思い立つほどの悲恋に苦しんだ学生時代も、盟友シラーの死に半身を削がれるような絶望を味わいもしたが、ゲーテは常に死を選ばず、その不幸を自らの作品に落とし込み、また次の恋愛(=生)へと移っていくのである。それは80歳にして17歳の少女に失恋したということでも明らかである(もちろん作品にした)。82歳で死亡する際にも「もっと光を!」と言ったとされるゲーテだが、それはおぞましいほどの生への執着が現われた“エロスの断末魔”ともいえるのではないか。

(画像はWikipedia Johann Wolfgang von Goetheより使用。Public Domain)

3月22日の不幸

1832年
【死去】ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe)【作家/ドイツ】

ドイツ古典主義時代を代表する詩人であり劇作家。『若きウェルテルの悩み』『ファウスト』等の不朽の作品群で、ほぼデビュー以来終生人気作家としての地位を築いた。82歳で死亡する際にも「もっと光を!」と言ったとされる。

1999年
【射殺】里中まりあ【AV女優】

ストリッパー「里中まみ」として活動後、芸名を「里中まりあ」に変更し、AV女優に転身。『恥めまして!!』『奥までびしょ濡れ』などの作品で人気を博した。1999年3月22日の夜に、大阪・天王寺区にあるラブホテルの一室で、顔面をに銃弾を撃ち込まれ射殺された。没年21歳。同年4月17日に暴力団組員の50歳の男が、殺人容疑で逮捕された。生前から暴力団関係者と関係があったといわれている。

2004年
【暗殺】アフマド・ヤースィーン(Sheikh Ahmed Ismail Hassan Yassin)【活動家/パレスチナ】

パレスチナのイスラム主義者であり、イスラム主義組織の「ハマース」を創設した人物。ガザ地区で反イスラエル運動に身を投じ、イスラム主義活動を開始。1989年に二度目の逮捕を受け、イスラエル軍事法廷により終身刑を言い渡された。その獄中で少年時代に怪我を負っていた脊髄の障害が悪化して全身麻痺に。以降、車椅子での生活を送った。ほぼ同時期に盲目にもなったが、1997年にモサドの工作員との人質交換で釈放され、再びガザに戻り運動を再開。その求心力を重くみたイスラエル軍により、2004年3月22日早朝、モスクで礼拝をするための道のりを車椅子で移動中にヘリコプターで爆撃された。没年67歳。その死亡時には2人の警備員と9人の一般市民も巻き込まれて死亡した。

2006年
【射殺】ピーター・オルワ(Peter Orwa)【プロボクサー/ケニア】

1972年のミュンヘン・オリンピックのボクシングに出場し、銅メダルを獲得したケニア人ボクサー。1975年に来日しダンサーやボクサー"ピーター南木"として活躍したが、1977年9月6日に日本ミドル級王者・工藤政志に挑戦したが敗戦。その試合を最後に現役引退した。その後は歌手としても活動、テレビ『わくわく動物ランド』のテーマ曲、「サントリーオールド」のCMソングなどを歌った。また、著書『楽園ペポニ』で独自の日本ーケニア論を披露している。2006年3月16日朝、ケニア・ナイロビにあった自宅に強盗団が侵入し、頭部と胸部を撃たれ銃殺された。没年56歳。