『ベートーヴェンが31歳の時にしたためた弟と甥への手紙、通称「ハイリゲンシュタットの遺書」の1枚目』

1827年3月26日は、世界音楽史において最重要の人物に数えられる古典派音楽の巨人、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが死亡した日である。
20代後半頃から難聴に苦しんでいたという天才音楽家であったが、40歳の頃には全聾になったといわれ、それからおよそ16年の活動を聴力なしに行なったというのは誰もが知るベートーヴェンの超人的伝説である(もちろん数々の全聾ではなかったというエピソードも存在する)。
しかし、31歳の時に書かれたこの“遺書”は、ベートーヴェンが自らの生涯を嘆き、絶望し、自ら命を絶とうとすることを残されるであろう弟たちや世間に対し正当化するような文面で埋め尽くされ、いわば弱音の限りを告白したあまりにも人間臭い書簡となっている。
その手紙はベートーヴェンの言いつけ通りに死後公開され、世界に驚きをもって受け止められた。
聴力を失ってから16年の創作を続けたこととともに、死を決意してから26年もの間、多くの音楽を作り続けたことによっても記憶されるべきその人生であったといえるだろう。

(写真はWikipedia Heiligenstadt Testamentより使用。Public Domain)

3月26日の不幸

1827年
【死去】ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven)【作曲家/ドイツ】

世界音楽史において最重要の人物に数えられる古典派音楽の巨人。交響曲第9番で知られる9つの交響曲や、ピアノ曲『エリーゼのために』他多数。20代後半頃から難聴に苦しみ、40歳の頃には全聾になったものの、それから死亡するまでのおよそ16年の活動を聴力なしで行なったといわれる。1826年12月に肺炎を患い病状が悪化。10番目の交響曲にとりかかった矢先に翌年3月26日に肝硬変で死去。没年56歳。葬儀にはシューベルトを含む2万人もの人々が駆けつける盛大なものとなった。

1910年
【死刑】安重根(アン・ジュングン/An Jung-geun)【運動家/韓国】

初代総理大臣にして前韓国統監の伊藤博文を、1909年10月26日に北満州のハルビン駅構内で銃殺した朝鮮の独立運動家。現場でロシア官憲に逮捕され日本の関東都督府に引き渡された後、1910年3月26日9時に処刑された。没年30歳。暗殺した伊藤の月命日と死亡時刻に合わせての絞首刑だった。日本ではテロリストとしてとらえられることが多いが、韓国では独立の父として現在も崇められていることが多い。

1935年
【死去】与謝野鉄幹【歌人・教師】

文芸誌『明星』の創刊や後の妻となる与謝野晶子の『みだれ髪』を編集刊行したことで知られる歌人。晩年は慶應義塾大学文学部教授として後進の育成に努めた。1935年に気管支カタルを患い死亡。没年62歳。妻の晶子はその死に際し「筆硯煙草を子等は棺に入る名のりがたかり我れを愛できと」という追悼の歌を捧げた。

1959年
【死去】レイモンド・チャンドラー(Raymond Thornton Chandler)【小説家・脚本家/アメリカ合衆国】

世界恐慌で職を失い44歳で作家に転身。代表作『大いなる眠り』『さらば愛しき女よ』『長いお別れ』等のいずれも映画化されたヒット作を連発したアメリカを代表するハードボイルド作家。アルフレッド・ヒッチコック監督作品『見知らぬ乗客』等で脚本家としても活躍している。1954年に最愛の妻が死亡したあとは酒に溺れ荒廃した生活を送り、翌年には自殺未遂も起こした。1959年に肺末梢血管ショックと腎前性尿毒症で死亡。没年70歳。妻の隣に埋葬されることを臨んだが、妻の遺骨を放置していたためにそれは叶わなかったが、チャンドラー研究者ローレン・ラトカーが隣り合わせに埋葬することを誓願し、2011年2月14日に妻の遺骨がチャンドラーの墓の隣に埋葬されることとなった。

2007年
【殺人事件】「リンゼイ・アン・ホーカー殺害事件」

千葉県市川市福栄で、当時22歳の英会話学校講師リンゼイ・アン・ホーカー(Lindsay Ann Hawker)が、当時28歳の無職市橋達也に殺害された事件。2007年3月26日に被害者の同居人から通報を受けた千葉県警船橋警察署員が、被害者宅から市橋の電話番号・メールアドレス等を発見、千葉県市川市の市橋宅に同日午後9時40分頃に家宅捜索にゆくと市橋は非常階段から逃走した。市橋の室内からはベランダに置かれていた浴槽に全裸で土に完全に埋められた被害者の遺体が発見された。逃走した市橋は整形をしながら全国を転々としたが、2009年11月10日に神戸市東灘区の六甲船客ターミナルで逮捕された。

2016年
【死去】喜早哲【歌手】

ロシア歌謡『ともしび』や『雪山讃歌』『山男の歌』等、数々のヒット曲を連発した男性歌唱グループ「ダークダックス」のメンバーで、初期はバリトンを担当し、佐々木行の休業後はメロディーを担当した。『日本の抒情歌』(誠文堂新光社)『日本の美しい歌―ダークダックスの半世紀』(新潮社)等の著作を残したことでも知られる。メンバー内では2011年1月7日に死亡した高見澤宏に続き、2016年3月26日に急性肺炎で85歳没。