『ラ・スール・スーリールの心中を報じる米『ニューヨークポスト』紙』

1985年3月29日は、1963年に発売したレコードに収録した『ドミニク』が全米ビルボードチャートでナンバー1を獲得し全世界的な話題になった"Singing Nun(歌う修道女)"ことラ・スール・スーリールが親友アニ・ペシェルとともに心中を遂げた日である。
1959年、ベルギーのドミニコ会フィシェルモン修道院に入り修道女としての活動を開始したジャンヌ=ポール・マリ・デッケルス。そこで習得したギターで思わぬ才能を発揮したために1963年にラ・スール・スーリールとしてレコードデビュー。そこからは驚異的なシンデレラストーリーであり、『ドミニク』のナンバー1ヒットを受けて当時の世界的スターの登竜門、米『エド・サリヴァン・ショー』に出演するなど、社会的現象ともいえる人気スターとなった。
しかし元々芸能志向ではなかったこともあり、1967年に歌手活動をを停止、宗教的な活動に力を入れたが、ほどなくして過激な思想に没入し、カトリック教徒でありながら産児制限を主張する等の異端、革新的な人物であった。その流れで活動停止直後でありながら『黄金のピルのために神の栄光あれ』なる当時としては早気に失したピル賛歌歌を出すほどであった(セールスは大失敗)。その後、10年来の私生活のパートナーでもあったアニー・ペシェルと開いた自閉症センターもスーリール自身の税金問題により閉鎖に追い込まれ、多額の負債を抱えた彼女は1982年に音楽ビジネスへの復帰を画策した。しかし既に世界的スターダムから20年が経った歌う修道女には、世間の視線は集まらず、困窮の中で心中を決意。アニーとスーリールはバルツビール(睡眠薬)とアルコールを過剰摂取するという、カトリック修道女らしからぬ手法でこの世から去っていったのだった。修道女からポップスターに、そして過激な宗教家からレズビアンとしての心中と、ラ・スール・スーリールのどこまでもオリジナルなその人生は、いまだに他の類を見ない奇跡であり続けている。

(画像はウェブサイト『SO MANY RECORDS, SO LITTLE TIME』より)

3月29日の不幸

2010年
【自殺】チェ・ジニョン(崔眞永/Choi Jin-young)【俳優・歌手/大韓民国】

国民的女優チェ・ジンシルを姉に持ち、1988年に18歳で映画『幸福は成績順じゃない』の出演で俳優としてデビュー。翌年アルバム『SKY』で歌手デビュー。順調にキャリアを重ねていたが、2008年10月に姉が衝撃的な首吊り自殺を遂げるとショック状態に陥り活動停止に。ボランティア活動などを経て翌年から活動再開するも、2010年3月29日に自宅で自殺体として発見された。没年39歳。2最年上の姉が自殺した、同じ年齢での自殺であった。