『カート・コバーンがノートに書き残したとされる遺書』

1994年4月5日は、「ニルヴァーナ」のメンバーとして世界を席巻したロック・ミュージシャンのカート・コバーンが、ショットガンで頭部を撃ち抜き自殺を遂げた日である。
1991年のメジャー・デビュー・アルバム『ネヴァーマインド』でビルボード200チャートで1位を獲得、いきなりの大ヒットで世界的人気を獲得し、1990年代のグランジ・カルチャーのアイコンとしてカリスマ的人気を誇るアーティストとなったコバーンであったが、その奇跡的な成功譚とは裏腹に、自らの“ヒット狙い”の戦略を気に病んでいたという。そもそも生来の双極性障害に患っていたことに加え、自らが理想とする表現と周囲の要求するものの狭間で、重度の薬物依存を発症し、たったメジャ・デビューからたった2年半後の1994年3月3日には滞在先のイタリアのローマで、オーバードースでの自殺未遂騒動を起こしている(後日妻のコートニー・ラヴは自殺であったとコメントしたが、捜査員はそれを否定、事故であると発表している)。鬱病に加え、常時原因不明の胃痛にも苛まれていたいたコバーンにとって、「ヘロインの使用は(それらの症状を避けるための)選択であった」と自ら語っている。妻やバンドのメンバー、その他近親者もそれを知っていた状態であったが、スーパースターとしての彼は依然として必用とされ続けていたために、その活動は止まることがなかった。つまり、彼が死ぬことはもはや公然の事実といった状況で、晩年のコバーンは生きていたのだった。
そして1994年4月8日、ショットガンで頭部を地抜かれた状態のコバーンが自宅にて発見された。他殺も疑われるようなひどい状況であったために司法解剖が行なわれ、その結果、死亡日は5日と断定され、遺書となった手書きのノート等の状況証拠から自殺であると断定された。そのノートにはフレディ・マーキュリーのように観衆とスポットライトを浴びる“ロックスターであることの快感”を持たない自らの苦悩を説明し、そう繕ってきた自らのパフォーマンスへの罪悪感が書き綴られていた。そして遺書の最後に、自らが敬愛したニール・ヤングの『My My, Hey Hey』の歌詞を引用し(it's以下の文章)、「I don't have the passion anymore, and so remember, it's better to burn out than to fade away.(情熱が既に無いので、じわじわといなくなるよりも、燃え尽きてしまった方がいい)」と結んだ。
たった2年半余の活動期間で世界に絶大な影響を与えたミュージシャンが、その裏で常に抱いていた罪悪感から解放されたというなら、我々はカート・コバーンの自殺を“不幸”といえるのであろうか?

(画像はWikipedia Suicide of Kurt Cobainより使用)

4月5日の不幸

1697年
【死去】カール11世(Karl XI)【スウェーデン王】ガンにより41歳没。
1794年
【死刑】ジョルジュ・ジャック・ダントン(Georges Jacques Danton)【革命家/フランス】フランス革命の指導者であり、ダントン派のリーダー。収賄容疑でギロチン刑に処される。没年34歳。
1879年
【戦争】「太平洋戦争勃発」チリがペルー・ボリビアに宣戦布告。
1887年
【死去】イワン・クラムスコイ(Ivan Kramskoi)【画家・ロシア】移動派の指導者として活躍。代表作は『曠野のイイスス・ハリストス』等。没年49歳。
1896年
【死去】林廣守【雅楽演奏者】1880年に現日本国国家『君が代』を作曲。没年64歳。
1903年
【死去】古河市兵衛【実業家】古川財閥創業者。没年70歳。
1912年
【急死】岸本辰雄【法学者】明治大学共同創設者。大学登校中の電車で脳溢血に倒れ死亡。没年60歳。
1924年
【政治】イタリア総選挙でファシスト党が勝利。
1927年
【経済】神戸の総合商社「鈴木商店」が倒産。
1949年
【死去】高野岩三郎【社会統計学者】初代NHK会長。《権力に屈せず、大衆とともに歩み、大衆に一歩先んずる》という就任挨拶で民主的な放送を目指した。77歳没。
1951年
【死刑】「ローゼンバーグ事件」ソ連とのスパイ容疑によりアメリカのローゼンバーグ夫妻に死刑判決。
1955年
【政治】「イギリス首相ウィンストン・チャーチル辞任」健康状態を理由に表明。
1963年
【死去】石井茂吉【経営者】日本の出版界に革命をもたらした写真植字機の共同発明者であり、写研設立者。75歳没。
1964年
【航空事故】『町田米軍機墜落事故』アメリカ海軍の戦闘機が厚木基地へ向かう途中で町田市の民家に墜落。市民4名が死亡、32名が重軽傷を負った。パイロットはパラシュートで脱出した。
1964年
【死去】ダグラス・マッカーサー(Douglas MacArthur)【軍人/アメリカ】第二次世界大戦直後の日本を占領したGHQの最高司令官。老衰により84歳没。
1975年
【芸能】「ザ・ピーナッツ引退」双子の歌手、ザ・ピーナッツの引退公演『ザ・ピーナッツ さよなら公演』が開催された。
1975年
【死去】蒋介石(Chiang Kai-shek)【中華民国総統】孫文の後継者として国務にあたった中華民国の最高指導者。心臓疾患により87歳没。厳家淦が総統代行に。
1976年
【政治】「四五天安門事件」北京の天安門広場で周恩来を追悼するための花輪が撤去されたことで民衆が蜂起した。
1976年
【薬物死】ハワード・ヒューズ(Howard Robard Hughes, Jr.)【実業家/アメリカ】映画、ラジオ、航空業等を牛耳った20世紀を代表する億万長者。極度の薬物使用で痩せ細り死亡。没年70歳。
1991年
【死去】升田幸三【将棋棋士】実力制第4代名人。九段。家出の際に残した「この幸三、名人に香車を引いて勝ったら大阪に行く」の言葉で知られる。没年73歳。
1992年
【政治】「アウトゴルペ」ペルー大統領アルベルト・フジモリによる自己クーデター。権力強化のため非常事態を宣言し、議会を解散、憲法を停止。
1994年
【自殺】カート・コバーン(Kurt Donald Cobain)【ミュージシャン/アメリカ】世界を席巻したグランジ・バンド「ニルヴァーナ」のボーカル、ギタリスト。生来の鬱病に悩み、ローマでは自殺未遂事件も起こした。シアトルの自宅で散弾銃で頭部を撃ち自殺。4月8日に発見される、死亡推定日が4月5日。ニール・ヤングの『ヘイ・ヘイ・マイ・マイ』の歌詞「It's better to burn out than to fade away」が遺書に書かれていた。没年27歳。
1997年
【死去】アレン・ギンズバーグ(Irwin Allen Ginsberg)【詩人/アメリカ】ケルアック等と共にビート文学の作家として活躍。『吠える』等。肝臓ガンからの肝炎で死亡、没年70歳。
1998年
【交通事故死】コージー・パウエル(Cozy Powell)【ミュージシャン・ドラマー/イングランド】ジェフ・ベック・グループからブラック・サバス等多くの有名バンドで活躍したドラマー。飲酒運転で167キロを出し中央分離帯に衝突死。50歳没。
2005年
【死去】ソール・ベロー(Saul Bellow)【小説家/アメリカ】『フンボルトの贈り物』でピューリッツァー賞受賞、1976年にノーベル文学賞受賞。89歳没。
2007年
【死去】村上冬樹【俳優】 三島由紀夫らと劇団「浪曼劇場」を結成。三島作『わが友ヒットラー』でのヒットラー役。胃癌のため死亡。没年95歳。
2008年
【死去】チャールトン・ヘストン(Charlton Heston)【俳優】代表作に『十戒』『ベン・ハー』等。全米ライフル協会の会長としても知られた大物俳優。晩年はアルツハイマーに悩み、肺炎で死亡。没年84歳。
2009年
【軍事】「北朝鮮によるミサイル発射実験」人工衛星打ち上げ用ロケット「銀河2号」を東に向けて発射。東北地方の上空を通過した。実質的には弾道ミサイルの発射実験ともいえる。