4月6日

4月6日の不幸

1199年
リチャード1世(Richard I)【イングランド国王/イングランド】戴冠直後から十字軍の遠征に明け暮れ、「獅子心王」の異名を持った豪傑国王。その勇敢さは騎士の模範とたたえられた。戦闘中に刺さった矢の壊疽により死亡、41歳没。
1520年
【死去】ラファエロ・サンティ(Raffaello Santi)【画家/イタリア】ダ・ヴィンチ、ミケランジェロと共に「盛期ルネサンス三大巨匠」と呼ばれる天才画家。愛人との情事によって熱病に感染、37歳の誕生日に逝去した。
1868年
【政治】「江戸城無血開城」西郷隆盛と勝海舟の会談により、官軍による江戸総攻撃の中止と江戸城の無血開城が決定。戊辰戦争の中で新政府側が大きく優勢となる契機となった。
1882年
【暗殺】「岐阜事件」自由党党首の板垣退助が遊説中に暴漢に襲われるも命に別状はなかった。言論弾圧の先駆けとなった事件。
1919年
【政治】「第1次サティヤーグラハ運動」インドで指導者マハトマ・ガンディーにより非暴力・不服従を訴える第1次サティヤーグラハ運動が開始。インド独立への第一歩を踏み出す。
1941年
【災害】「 琵琶湖遭難事故 」 旧制高校のボート部員11名が琵琶湖での練習中に突風で遭難し、全員遺体で発見された。その後事件の悲哀を歌った『琵琶湖哀歌』がヒット。
1971年
【死去】イーゴリ・ストラヴィンスキー(Igor Fyodorovich Stravinsky)【作曲家/ロシア】「三大バレエ」として知られる《火の鳥》《ペトルーシュカ》《春の祭典》を産み出した20世紀前半におけるクラシック音楽界の巨星。心不全のため逝去。88歳没。
1972年
【死去】ハインリヒ・リュプケ(Karl Heinrich Lübke)【政治家/ドイツ】測量技師から政治家に転身し第2代西ドイツ大統領に就任。ナチス時代の過去を問われ批判にさらされることも少なくなかった。胃がんのため77歳で逝去。
1984年
【死去】長谷川一夫【俳優】戦前から戦後にかけて国民的人気を誇った二枚目の時代劇スター。移籍問題で暴漢に襲われ顔に傷を負うも『藤十郎の恋』で見事返り咲き。頭蓋内膿瘍のため逝去、76歳没。
1994年
【暗殺】【航空事故】「ハビャリマナとンタリャミラ両大統領暗殺事件」ルワンダの首都キガリの空港に着陸前の大統領専用期が何者かによって撃墜。登場していたルワンダのハビャリマナ大統領と隣国ブルンジのヌタリャミナ大統領含む12人が死亡、このテロが80万人以上が犠牲になったルワンダ虐殺の引き金になった。
2002年
【死去】本田弘慈【牧師】日本プロテスタント教会における大衆伝道者。日本人で初めて十字軍活動を意味する「クルセード」の巡回伝道を行い、日本福音クルセードを創設した。脳梗塞のため逝去、90歳没。
2005年
【死去】レーニエ3世(Rainier III)【モナコ大公/モナコ】カンヌ映画祭で知り合った女優グレース・ケリーと恋に落ち結婚、『グレース・オブ・モナコ』として映画化された。肺感染症のため逝去、82歳没。
2008年
【死去】川内康範【作詞家・脚本家】東宝で『月光仮面』『レインボーマン』等のヒーロー活劇を手がけ、作詞家としても『おふくろさん』『伊勢佐木町ブルース』等のヒット曲を残す。晩年は歌手・森進一との「おふくろさん騒動」で話題となったが、保守評論家として政治にも影響力を誇っていた。気管支肺炎により88歳で逝去。