『1946年の川端康成の肖像』鎌倉市長谷の自宅にて撮影

1982年4月16日は日本人で初めてノーベル文学賞を受賞した小説家、川端康成がガス自殺を遂げた日である。
『伊豆の踊子』『雪国』『眠れる美女』等数々の著作で知られ、日本を代表する小説家であった川端は、1968年の受賞を機に、ノーベル賞作家として日本人の《美的感覚》、さらには《死生観》を世界に広めることに成功した人物である。そんな彼の最後が、逗子のマンションでガス管を咥えての自殺だったことは、国内外に衝撃をもって迎えられた。睡眠薬の中毒状態での悲劇であったともいわれているが、遺書は残されておらず、その真相は永遠に知られるところではない。しかし、晩年の川端は敗戦後に変わりゆく社会に適応できない自らの心情を年の離れた同志ともいわれた三島由紀夫に「私はこれからもう、日本の哀しみ、日本の美しさしか歌ふまい」と漏らしており、1947年のエッセイ『哀愁』では「敗戦後の私は日本古来の悲しみのなかに帰つてゆくばかりである。私は戦後の世相なるもの、風俗なるものを信じない。現実なるものをあるひは信じない。」と書き綴っている。そのような前時代的なものへの強い郷愁が川端に死を選ばせたのか、遂にその確固としたものであろう《美学》は、誰にも伝えられることはなかったが、多くの作品群は、その哀しみを永遠に代弁し続けるであろう。

(写真はWikipedia Yasunari Kawabataより使用。Pablic Domain)

4月16日の不幸

1780年
【死去】中山高陽【南画家】江戸時代の南画家。『鳳凰孔雀図』等。船に乗っている最中に死亡。精神病の発作が原因ともいわれる。没年64歳。
1797年
【クーデター】「スピットヘッドの反乱」ポーツマス近郊のスピットヘッドでブリットボート提督の元で働く水兵たちが賃金の低さに抗議。反乱は失敗に終わり、29人のリーダーが絞首刑、他のものもオーストラリアへ島流しなどに。
1825年
【死去】ヘンリー・フュースリー(Henry Fuseli)【画家/スイス】スイス出身だが国外追放され、イギリスのシェイクスピア画廊等で活躍した画家。代表作に『夢魔 The Nightmare 』等。没年84歳。
1828年
【死去】フランシスコ・デ・ゴヤ(Francisco José de Goya y Lucientes)【画家】スペインを代表する画家。40歳の頃に宮廷画家として高みに登り詰める。代表作に『裸のマハ』『着衣のマハ』『我が子を食らうサトゥルヌス』等。46歳で聴力をなくし、晩年はマドリードの郊外に「聾者の家」なる別邸を構え、『黒い絵』のシリーズを描き上げる。78歳でフランスに亡命し、そのままボルドーで死亡。没年82歳。
1850年
【死去】マリー・タッソー(Marie Tussaud)【蝋人形作家/フランス】ロンドンに蝋人形館「マダム・タッソー館」を開く(後にベルリン、ラスベガス、ニューヨーク、上海等世界各国に別館を展開)。88歳で睡眠中に死亡。
1925年
【暗殺】ステファン・ネレゾフ(Stefan Nerezov)【軍人/ブルガリア】1925年、ブルガリア軍参謀総長当時、共産主義者の爆弾によりソフィア広場で暗殺される。
1929年
【政治】「四・一六事件」4月16日より日本共産党員の一斉検挙を開始。この年4942人が逮捕となった。
1947年
【海難事故】「テキサスシティ大災害」フランス船籍の貨物船グランドキャンプ号の爆発事故。最初は火災だったが、その後大爆発。隣の貨物船や地上の野次馬に飛び火し、581人が死亡、5000人以上の重・軽傷者を出した。
1947年
【死刑】ルドルフ・フェルディナント・ヘス(Rudolf Franz Ferdinand Höß)【軍人/ドイツ】元アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所所長。イギリス軍の捕虜となり、第二次大戦後に絞首刑とされた。没年45歳。裁判時、アウシュビッツのガス室で殺されたユダヤ人の数は250万人に上ると発言した。
1955年
【事故】「安倍鉱業ボタ山崩落事故」66年ぶりという大雨のため、佐世保炭鉱で大規模なボタ山崩落事故が発生、小学生、幼児を含む73名が犠牲になった。
1972年
【自殺】川端康成【作家】日本初のノーベル文学賞受賞作家。代表作に『雪国』『伊豆の踊子』他。仕事用に購入した逗子のマンションでガスチューブを咥えガス中毒死。没年72歳。
1980年
【事故死】アルフ・シェーベルイ(Alf Sjöberg)【映画監督/スウェーデン】『もだえ』『令嬢ジュリー』で二度のカンヌ国際映画祭グランプリに。76歳で交通事故死。
1988年
【死去】中村勘三郎(十七代目)【歌舞伎役者】長年途絶えていた中村勘三郎の名跡を再興して十七代目を襲名、中村屋を新たに構えた。生涯800役以上を演じ、ギネスブックに登録された。縦隔腫瘍のため78歳で死去。
1989年
【死去】ルシル・ボール(Lucille Désirée Ball)【女優】『アイ・ラブ・ルーシー』で知られる人気女優。大動脈乖離で77歳没。
1990年
【医療】「自殺幇助事件」積極的な安楽死肯定者、"ドクター・デス"ことアメリカの元医師、ジャック・ケヴォーキアンが、自ら開発した自殺装置によって初めての自殺幇助を行なった。1998年に告訴され、1999年に有罪判決。
1991年
【死去】デヴィッド・リーン(David Lean)【映画監督/イギリス】『アラビアのロレンス』『戦場にかける橋』でアカデミー監督賞、『逢びき』でカンヌ国際映画祭グランプリ、『ホブスンの婿選び』でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した、世界三大映画祭全てでグランプリを獲得した名監督。コンラッド原作の『ノストロモ』企画進行中に83歳で死亡。死因は喉頭ガン。
1999年
【死去】別当薫【プロ野球選手・監督】現役時代は大阪タイガース、毎日オリオンズで活躍、監督としても多くの球団で活躍した"球界の紳士"。心不全で78歳没。
2001年
【急死】河島英五【シンガーソングライター】『酒と泪と男と女』は多くの歌手にカバーされる大ヒット作。その他の代表作に『時代遅れ』等。長女の結婚式に出た直後に肝臓疾患で急死。48歳没。
2005年
【死去】高田渡【シンガーソングライター】1960年代、アマチュアフォーク集団「アゴラ」で活躍したフォークシンガー。『自衛隊に入ろう』等。北海道でのライブの直後に心不全で死亡。死ぬ直前にカトリックの洗礼を受けた(洗礼名パウロ)。56歳没。
2007年
【テロ】「バージニア工科大学銃乱射事件」アメリカ在住の韓国籍学生、チョ・スンヒがバージニア工科大学キャンパスで教授を皮切りに32名を射殺し自殺。33人が死亡するという、アメリカの学校で起きた乱射事件の中では最悪のものとなった。
2009年
【死去】センサク・ムアンスリン【プロボクサー】ムエタイのチャンピオンから転身し、プロボクシング史上わずか3戦で元WBC世界スーパーライト級王者に。生涯千隻は14勝(11KO)6敗。肝炎のため57歳で死亡。
2010年
【死去】一言多十【プロ野球選手】急映フライヤーズなどで活躍した投手。珍名選手として有名。没年88歳。
2014年
【海難事故】「セウォル号沈没事故」韓国・珍島付近で大型旅客船セウォル号が転覆・沈没し乗員・乗客295人が死亡。9名が行方不明。乗客を置いていち早く逃亡した船長のイ・ジュソクはその後無期懲役となった。
73年
【自殺】【戦争】『ユダヤ人集団自決』ローマ帝国とユダヤ人による戦いで、マサダ要塞に籠城したユダヤ人1000人ほどが集団自決。これによりユダヤ戦争が終結。