『月岡芳年作 「松竹梅湯嶋掛額」』

1683年4月24日は、井原西鶴の人気浮世草子作品『好色五人女』に登場する“八百屋お七”のモデルになった少女が死亡した日である。
恋人に会いたいがために放火を犯したと言われている江戸時代前期の八百屋の娘、お七。『好色五人女』に出てきたことでで広く知られるようになり、月岡芳年作 『松竹梅湯嶋掛額』をはじめとして様々な芸術作品で“八百屋お七”として描かれている。その物語の事実関係に関しては不確かな部分はあるが、お七が実在し、火事を起こしたたことは確認されている。処刑のため火あぶりの中で死んでいったといわれている。その人生、わずかに15歳。その短い人生は、多くの芸術作品を通じ、300年以上も先の世界に生き続けている。

(画像はWikipedia 八百屋お七より。Public Domain)

4月25日の不幸

1566年
【怪死】ディアーヌ・ド・ポワチエ(Diane de Poitiers)【貴族/フランス】フランス王アンリ2世の愛妾として知られる。美貌の婦人として知られ、フランソワ・クルーエの絵画に半裸の姿が描かれている。その美貌の元だったといわれる不老長寿の水《金のエリクサー》が元で金中毒で死亡したということが、2009年に彼女の遺体を鑑定した結果明らかになった。没年66歳。
1683年
【死刑】八百屋お七【八百屋の娘】江戸時代前期の八百屋の娘。恋人に会いたいがために放火を犯したと言われている。その結果火刑で火あぶりの中で死んでいったといわれている少女。『好色五人女』に出てきたことでで広く知られるようになり、様々な芸術作品で『八百屋お七』として描かれている。その物語の内容に関しては微妙なところではあるが、お七が実在し、火事を起こしたことは確認されている。没年15歳。
1992年
【怪死】尾崎豊【ミュージシャン】

青山学院高等部在学中から音楽活動を開始、アルバム『17歳の地図』でデビュー。その後同校を中退。若者のカリスマとして熱狂的なファンを生み出す。代表曲に『15の夜』『卒業』『I LOVE YOU』がある。20歳で活動を停止し渡米。その後は覚せい剤取締法違反で逮捕される等不安定な生活を送る。26歳を迎えた1992年4月25日早朝、自宅から500メートル離れた路上で全裸のまま傷ついた状態で発見され病院に運び込まれる。その後一度自宅に戻るも容態が急変し死亡。死因は当初は肺水腫と発表されたが、その後覚せい剤の経口摂取のための肺水腫であることが明らかに。多数の傷があったことから他殺の嫌疑もかけられたが警察は事件性はないと断定。没年26歳。

2001年
【事故死】ミケーレ・アルボレート(Michele Alboreto)【レーシングドライバー】イタリアミラノ出身のレーシングドライバー。F1ではフェラーリ等のドライバーを務め、その後はル・マン24時間耐久レースなどで優勝するなど、世界的に活躍をした。ドイツのラウジッツリンクにてル・マン24時間耐久レース用のテストドライブの最中にタイヤが破裂して事故死。44歳没。
2005年
【殺人事件】「ファミレス2人射殺事件」千葉県市原市にあったファミリーレストラン「ジョナサン」の店内で暴力団員同士の金銭トラブルで片方が拳銃を発砲し8発の銃弾で2名を射殺。周囲のテーブルにも着弾した。犯行グループの組長、組員は死刑確定後2013年に死刑執行。もう一人の共犯者は自殺した。
2005年
【鉄道事故】「JR福知山線脱線事故」2005年4月25日にJR西日本福知山線(JR宝塚線)の塚口駅〜尼崎駅間起こった列車脱線事故。運転士1人を含む死者107人、負傷者562名という鉄道史以来有数の大規模な惨劇となった。原因としては様々な要因が挙げられているが、断定はされていない。
2011年
【自殺】田中実【俳優】劇団・無名塾出身の俳優。昼ドラやコマーシャルなどで好青年役として幅広く活躍。2011年4月25日に東京都下丸子の自宅で首吊り自殺しているところを妻とマネージャーが発見。撮影中のドラマ『法医学教室の事件ファイル33』は代役を起用して再撮影となった。没年44歳。