『沈没する前日のサルタナ号』

1865年4月27日は、アメリカの蒸気客船「サルタナ」の全乗客2,427人中1,700人以上が死亡するというアメリカ有史以来最悪の沈没事故が起きた日である。ボイラーが爆発し、火災が発生た末の大爆発という悲劇、その原因は船長の経済状況の悪化でメンテナンスを怠っていたことにあるとされる。この未曾有の事故にもかかわらず、サルタナ号のニュースはすぐさま忘れ去られた。それは、同年4月15日に発生した米初代大統領リンカーン暗殺の余波で社会情勢が不安定であったためといわれる。そんな忘却のされ方が、サルタナ号沈没に於ける一番の悲劇なのかもしれない。

(写真はWikipedia Sultana より。Public Domain)

4月27日の不幸

1521年
【戦死】フェルディナンド・マゼラン(Ferdinand Magellan)【探検家・航海者/ポルトガル】1522年に有史以来始めて世界一周航海を成し遂げた航海者。マゼラン海峡やマゼラン・ペンギンの名の元になっていることでも有名。セブ島周辺の小島であるマクタン島上陸時に島民から攻撃を受け死亡。
1599年
【死去】前田利家【武将】織田信長、豊臣秀吉の重臣として仕え、加賀百万石の基礎を築いた名将。槍の名手としても知られ"槍の又左"とも呼ばれた。豊臣秀吉が任じた五大老の一人。没年62歳。
1865年
【海上事故】「サルタナ沈没事故」

アメリカの蒸気客船「サルタナ」が航行中にボイラーが爆発し火災が発生。そのまま沈没した。全乗客2,427人中1,700人以上が死亡。アメリカ有史以来最悪の沈没事故となった。

1919年
【死去】前島密【政治家】駅逓頭として日本における近代郵便制度の基礎を築いた"郵便制度の父"。84歳没。
1972年
【死去】クワメ・エンクルマ(Kwame Nkrumah)【ガーナ初代大統領】ガーナのイギリスからの独立運動を率い、1957年にガーナの初代大統領に就任。ガーナの発展に多大な貢献を果たしたものの1966年のクーデターによりギニアに亡命。その後療養先のルーマニア・ブカレストで前立腺ガンのため死去。没年62歳。
1977年
【死去】 スコット・ブラッドリー(Scott Bradley)【作曲家/アメリカ】主にMGMアニメ映画の音楽で活躍。『トムとジェリー』シリーズ冒頭の『Tom and Jerry Theme』等。85歳没。
1980年
【死去】アルフレッド・ヒッチコック(Sir Alfred Joseph Hitchcock)【映画監督/イギリス】多くのサスペンス作品で知られる世界的な映画監督。代表作に『レベッカ』『鳥』『サイコ』等。自作にカメオ出演をすることでも有名。腎不全で80歳没。
1989年
【死去】松下幸之助【実業家】松下電器産業をはじめとした松下グループ、現パナソニックの創業者。電球のソケットを独自に考案する発明家でもあった。PHP研究所、松下政経塾を立ち上げるなど、本業以外にも野心的な人生を送った"経営の神様"。気管支炎で94歳没。
2003年
【死去】アニマル・レスリー(Bradley Jay "Animal" Lesley)【プロ野球選手/アメリカ】メジャーリーグ時代の成績は奮わなかったが、日本プロ野球の阪急ブレーブスに移籍し、救援投手として活躍。その期間は2年と短かったものの派手なガッツポーズと奇異な登録名で鮮烈な印象を残した。現役引退後は「亜仁丸レスリー」の名でテレビタレントとして活動していたことも。腎不全により54歳で死去。
2005年
【死去】福井敏雄【気象解説者】中央気象台出身で、日本気象協会の天気予報士として長年お茶の間の人気を博した。晩年はその人柄を活かしタレントとしても活動。老衰で84歳没。