『ドイツの飛行船ヒンデンブルク号爆発の瞬間』
20世紀の世界を震撼させた大事故のひとつ。ドイツ・フランクフルトから2日半の大西洋横断をし、アメリカのニュージャージー州レイクハースト空軍基地に着陸する予定だったが、尾翼付近から突如爆発して墜落。乗員・乗客97人中35人と救助作業員1名が死亡した。何よりも映像、写真が多く残っていることから、その後の世界にも多大な影響を及ぼし、世界的なロックバンド「レッド・ツェッペリン」のデビューアルバム『レッド・ツェッペリン I』のジャケットにも使用された。
(写真はWikipedia Hindenburg disaster より。Public Domain)

5月6日の不幸

1年
準備中
1937年
【航空事故】「飛行船ヒンデンブルク号爆発事故」20世紀の世界を震撼させた当時としては最大級の航空事故。ドイツ・フランクフルトから2日半の大西洋横断をし、アメリカのニュージャージー州レイクハースト空軍基地に着陸する予定だったが、尾翼付近から突如爆発して墜落。乗員・乗客97人中35人と救助作業員1名が死亡した。
1992年
【死去】マレーネ・ディートリヒ(Marlene Dietrich)【女優/ドイツ・アメリカ】1920年代に活躍したドイツ出身の女優。1930年代はハリウッド映画で大活躍した世界的な大女優。代表作に『嘆きの天使』『モロッコ』『上海特急』等。ヒトラーの好意を嫌ってアメリカに帰化したともいわれる。晩年は歌手として活動を増やし、『Those Were the Days』がヒット。1975年にステージで骨折して引退。晩年はパリで余生を過ごし、最後の12年は寝たきりだったという。死因は肝機能不全、腎不全。90歳没。
2002年
【暗殺】ピム・フォルタイン(Pim Fortuyn)【政治家・コラムニスト】ゲイであることを公言していたオランダ・ロッテルダムの市議会議員。イスラム教や移民政策への過激な発言で知られ、2002年にはピム・フォタイン党を立ち上げ、国政選挙に当選していた。その選挙直前の国営テレビ出演後、駐車場で暗殺される。死後もその人気は根強く、多くの党所属メンバーが議席を獲得し、その葬儀は国葬級の扱いで行なわれた。54歳没。
2003年
【死去】宜保愛子【霊能者】4歳時に右目を失明未遂、また幼少時に聴力を失った特異体質であるとして霊能力を売りに活躍した霊能者。1960年代からテレビ出演を開始し、テレビ『あなたの知らない世界』や数々の著作で著名に。1990年代にその人気が高まったことからその能力に懐疑的な人々が現われ、大槻義彦教授やと学会がその急先鋒だった。その結果、メディアからは消え、2003年に胃癌で死亡。没年71歳。
2011年
【死去】 団鬼六【小説家】代表作『花と蛇』で大ヒットを飛ばしたSM文学の大家。自身のプロダクション「鬼プロ」を立ち上げ、雑誌『SMキング』の出版やピンク映画の制作も手がけた。食道ガンで79歳没。