『映画の撮影現場での可愛かずみ』撮影=田中欣一
1997年5月9日、かつて結婚を前提に交際をしていたというヤクルト・スワローズの投手、川崎憲次郎の自宅マンションの7階から飛び降り自殺をした女優の可愛かずみ。川崎との関係が終わってからは数度の自殺未遂騒ぎを起こすという不安定な日々を送っており、この日の午前中にも手首を切り自殺未遂を起こし、病院で縫合手術を受けていたという。それからたった数時間後の惨劇となった。ちなみに、この5月9日は、奇しくも“日本で最初の飛び降り自殺”といわれている1926年の銀座松屋デパートでの飛び降り自殺が起きた日でもあった。
(写真は田中欣一写真サイト『KT-world』より)

5月9日の不幸

1年
準備中
1926年
【自殺】「日本初の飛び降り自殺」大正15年にあたるこの年、東京・銀座の松屋デパートの8階から、38歳の池野富蔵という男性が飛び降り自殺。これが日本初の飛び降り自殺事件といわれている。
1932年
【心中】【怪事件】「坂田山心中事件」神奈川県大磯の山中で慶応大生の調書五郎と頌栄女学校生の湯山八重子が塩化水銀を飲み毒死。湯山家の両親が結婚に反対していたための心中だった。共に良家の出身であり美男美女、肉体関係のなかったプラトニックラブということもあり、メディアで評判の美談となり、200件もの後追い自殺を生み、映画化までされた(『天国に結ぶ恋』)。しかし火葬場の職員だった橋本長吉が彼女の遺体を持ち出していたという事件が発生。自白こそなかったものの、死姦事件だったという見方が根強い。
1985年
【自殺】若山セツ子【女優】東宝ニューフェイス1期生として女優デビュー。代表作に映画『青い山脈』『次郎長三国志』シリーズ等。映画監督の谷口千吉と結婚するが離婚。晩年は精神病の悪化で強制的に入院しており、その1カ月後に首吊り自殺を遂げた。没年55歳。
1994年
【暗殺未遂事件】「滝本弁護士サリン襲撃事件」オウム真理教により殺害された坂本堤弁護士に代わり、オウム真理教被害者対策弁護団の主要人物として活動していた滝本太郎弁護士の乗用車のフロントガラスにサリンが噴霧されていたという事件。数々の脱会を成功させた滝本の行動に危機感を感じた麻原彰晃の指示によるものだったが、滝本弁護士は特に気付かず、命の別状はなかったという。
1997年
【自殺】可愛かずみ【女優・タレント】ピンク映画出身でありながらアイドル的人気を獲得し一般映画、テレビへと進出していったアイドル女優。かつて結婚を前提に交際をしていたというヤクルト・スワローズの投手、川崎憲次郎の自宅マンションの7階から飛び降り自殺。川崎との関係が終わってからは数度の自殺未遂騒ぎを起こすという不安定な日々を送っており、自殺した9日の午前中にも手首を切り自殺未遂を起こし、病院で縫合手術を受けていた。一般男性と婚約していたという事実も判明し、なんともいえない最期となった。没年32歳。
1998年
【死去】宮路年雄【実業家】家電販売店・城南電機を運営していた信光電機の創業者。常に数千万をアタッシュケースに入れて持ち歩く社長としてテレビでも人気者となったが、そのイメージのせいで強盗事件被害にも6度遭った。肺炎のために69歳で死去。事業は息子に受け継がれたが、その死の1カ月には取引停止が相次ぎ城南電機の全店舗が閉店となった。