『誘拐されたリンドバーグの長男の情報を募るポスター』
1927年に人類初の大西洋間無着陸飛行を成し遂げたアメリカのパイロット、チャールズ・リンドバーグ。彼がその富と名声をほしいままにしている絶頂期に起きた長男・リンドバーグ・ジュニア(1歳)の誘拐殺人事件。長男は自宅から忽然と姿を消し、代わりに身代金5万ドル(1927年の飛行で手にしたオルティーグ賞の賞金は25000ドル)を要求するノートが置いてあった。10日間の捜索と身代金の受け渡しまでやったが、長男は1932年の5月12日にリンドバーグ宅の近所で遺体となって発見された。事件の2年後、身代金の紙幣を使用したことから容疑者は捕まり、ブルーノ・リチャード・ハウプトマンというドイツ系移民の大工だった。ハウプトマンは最後まで無罪を訴えたが、1936年に死刑となった。しかしこの事件は様々な疑いがかけられている怪事件のひとつで、現在でも様々な憶測を呼んでいる。たとえば、ハウプトマンの逮捕後も身代金の紙幣は流通し続けているし、身代金の受け渡しを買って出たジョン・コンドンの犯人側との会話、やりとりもどこか釈然としない。挙げ句の果てにはリンドバーグ家の家政婦が捜査中に服毒自殺をするなど、リンドバーグ自身にも嫌疑がかけられる有様なのである。フリーメーソン会員、ナチスとの交遊など様々な顔を持つだけに、この事件を巡るミステリーは今も動き続けている。
(写真はWikipedia Lindbergh kidnappingより。Public Domain)

5月12日の不幸

1年
準備中
1932年
【怪事件】【誘拐】「リンドバーグ誘拐事件」 3月1日に誘拐されたチャールズ・リンドバーグの長男が遺体で発見される。容疑者はブルーノ・リチャード・ハウプトマンというドイツ系移民の大工で、逮捕後も最後まで無罪を訴えたが、1936年に死刑に。しかしリンドバーグ自身自作自演説も出るなど、未だに真相は明らかになっていない。
1982年
【事故死】高井幾次郎【オートバイレーサー】全日本ロード選手権で活躍し、1974年、1976年には750ccクラスで全日本タイトルを獲得した名レーサー。スポーツランドSUGOでテスト走行中にコーナーで転倒事故。頸椎を骨折して病院に到着する前に死亡した。没年35歳。
2005年
【事故死】モニカ・ゼタールンド(Monica Zetterlund)【歌手・女優】スウェーデン出身で世界的評価を得たジャズ・シンガー。代表作はビル・エヴァンスと共演したジャズアルバム「Waltz for Debby」。ストックホルムの自宅マンションで起きた火災で焼死。原因は彼女自身の寝タバコと言われている。没年67歳。
2011年
【強盗】【怪事件】「立川6億円強奪事件」東京都立川市の警備会社「日月警備保障」の立川営業所に強盗に入った二人組が、そこに保管されていた現金約6億円(5億9953万1209円)を盗んだ強盗事件。これは日本国内で盗まれた最高額である。監視カメラなどから犯人はすぐさま特定され、まず6月1日に元ホスト植木秀明、6月3日に元自動車修理工、渡辺豊を逮捕。共に暴力団関係者だったといわれている。奪われた現金は約2億4千万円を逮捕者から回収されたが、残り約3億6千万円が未回収という怪事件である。