『「神の悪フザケ【改訂版】」表紙の山田花子のポートレート』

1992年5月24日は、わずか15歳でデビューを果たし、『神の悪フザケ』『魂のアソコ』等多くのオリジナリティー溢れる作品を残したマンガ家の山田花子が、投身自殺を遂げた日である。『なかよし』(講談社)というメジャー誌でデビューしたものの、幼少期からイジメられてきたというバックボーンもあり、リストカットや自殺未遂などの壮絶な経験をマンガ作品として昇華し、当時独特のマンガ文化を牽引していた雑誌『ガロ』(青林堂)で作品を発表するように。その一方でメジャー誌の『週刊ヤングマガジン』での連載『神の悪フザケ』がカルト的な人気を獲得するなど、幅広い活動を続けていた。しかし、1992年の2月末に、当時アルバイトをしていた喫茶店を解雇されたことを契機に精神状態に異常をきたし始め、3月4日には統合失調症で入院。そして退院後の5月24日に東京都日野市の百草団地の11階から飛び降り自殺を行ない、24年の人生を終えた。生来のメモ魔で日記を付けていたこともあり、死に至るまでの経緯は多くの作品となり、その死後に発表された。中でも1994年に発表された『自殺直前日記』(太田出版)は実父が編集した私家版の日記を再編集し出版したものであり、経緯は異なるが、どこかアンネ・フランクの『アンネの日記』を彷彿とさせる作品である。どちらも、死してなお、人々に作品を送り届けさせるだけの壮絶な人生であったといえるであろう。

(画像は山田花子作『神の悪フザケ【改訂版】』青林堂/1994年刊)

5月24日の不幸

1年
準備中
1971年
【死去】平塚らいてう【作家・編集者・女権運動家】自らが中心となって発刊した女性専門の文芸誌『青踏』の発刊によせた「元始、女性は太陽であった」の言葉で知られる作家、フェミニズム運動家。胆嚢・胆道癌に罹り85歳没。
1974年
【死去】デューク・エリントン(Edward Kennedy "Duke" Ellington)【ミュージシャン/アメリカ】ジャズピアニスト、ピアノ奏者、作曲家であり、今も活動を続けるデューク・エリントン・オーケストラを率いた。ヒット曲に『A列車で行こう』等。映画『或る殺人』の音楽でグラミー賞の3部門受賞、生涯合計9度のグラミー賞を受賞。肺炎と肺ガンの合併症で死去。75歳没。
1992年
【自殺】山田花子【漫画家】幼少期からイジメを苦にし、リストカットや自殺未遂を経験。その痛々しい体験をマンガ作品として昇華し、『神の悪フザケ』『魂のアソコ』等多くのオリジナリティー溢れるマンガ作品を残した。しかし1992年の2月末にアルバイトしていた喫茶店を解雇され、精神状態に異常をきたす。3月4日には統合失調症で入院するも、退院後の5月24日に東京都日野市の百草団地の11階から飛び降り自殺。24歳没。
2002年
【急死】伊藤俊人【俳優】劇団東京サンシャインボーイズ出身で、同劇団主催の三谷幸喜作品で活躍した個性派俳優。代表作にテレビドラマ『警部補 古畑任三郎』『ショムニ』等。『ショムニFINAL』の撮影直前にクモ膜下出血で急死。没年40歳。
2002年
【死去】清川虹子【女優】映画『緋牡丹博徒シリーズ』等で活躍した個性派の喜劇女優。今村昌平監督のカンヌ国際映画祭のパルム・ドール獲得映画『楢山節考』では70歳でヌードを披露し話題になった。肺出血で89歳没。
2010年
【急死】ポール・グレイ(Paul Gray)【ミュージシャン/アメリカ】グラミー賞を受賞したヘヴィメタルバンド、スリップノットの元ベーシスト。アイオワ州ジョンストンのホテルで死亡しているところを発見された。死因はモルヒネの過剰摂取。部屋中に注射器や錠剤が巻き散っていた。重大な心臓病だったとみられている。没年38歳。
2010年
【死去】 ラッシャー木村【プロレスラー】大相撲出身で国際プロレスで"金網デスマッチの鬼"と呼ばれ大活躍した無骨なプロレスラー。新日本プロレスを経て晩年まで活躍した全日本プロレスではジャイアント馬場を「アニキ」と呼ぶ、ほのぼのとしたマイクパフォーマンスで人気者となった。最晩年は三沢光晴率いるプロレスリングノアにも参加し2004年で現役引退。腎不全から引き起こされた誤嚥性肺炎で68歳没。